「お守り」として使用されてきた石・オニキス

オニキスオニキス(黒瑪瑙:クロメノウ)について、お話したいと思います。
オニキスという名前の由来は、オニキスというギリシャ語から来ています。「かぎ爪(縞模様)」という意味があります。
以前では名前が示す通り、縞模様がある瑪瑙のことを言っていました。しかし現在では、ブラックオニキス(黒瑪瑙)のことも、同じように呼ぶようになりました。
古来からペルシャやインドで、悪霊や邪念から身を守るとされてきて、お守りとして使用されてきました。
言われている効果については、邪念払い、心身の安定、意思の強固、運動能力の向上などがあります。
浄化方法としては、「月光浴」や「お香」「水晶での浄化」が良いです。日光浴や水での浄化については、変色する可能性があります。よって注意が必要です。

言われている効果

オニキスには、外部からの誘惑や妄想という高ぶる感情を抑制する効果がある、と言われています。つまり、理性を保てる効果があるとされています。
そのため、動揺しやすい人や他人の意見に流されやすい人に、おすすめなパワーストーンです。浮気しがちな相手にプレゼントすることも、いいかもしれません。
また、過去を引きずっている人、今の相手と別れたい人にも、おすすめです。過去や今の関係を断ち切り、「新しい出会い」を手に入れる手助けをしてくれるでしょう。

そしてオニキスは、スポーツをしている人に対しても、おすすめのパワーストーンです。心と体の状態を安定させて、夢や目標に向かうパワーを与えてくれると言われているからです。持ち主を守る効果もあるので、怪我や故障などの「災い」から身を守ってくれるでしょう。
他にも、運動能力を高めてくれる効果があると言われています。