よく言われている浮気する「きっかけ」

セックスレス

浮気をする人の「きっかけ」には、色々な理由があるでしょう。

その理由の一つに、セックスレスの増加があります。これが原因で浮気する人が増えてきているという事が、問題となっています。

セックスレスになる原因としては、

仕事・家事・育児が忙しくて、お互いにコミュニケーションを取る時間がないため

と、言われています。

また、女性特有のことになりますが、出産後、母親は育児に専念するようにできています。なので、性欲が沸きにくくなるようになっているそうです。
男性側においても、子供が独り立ちするまでは「育児に専念してほしいという気持ち」が、あるのかもしれません。

セックスレスに対しては、男性・女性の「どちらが悪い」という考え方を、持たないほうがいいと思います。どちらもセックスレスになる原因を、持っているからです。

複数の女性に種付けしたい本能

男性の浮気の心理としては、本能に従って複数の女性に種付けして種を残したい、だから「浮気する」ということになるようです。

女性側から見ると、きっと理不尽でしょう。ですが女性は、男性のメカニズムを理解する必要があります。男性ホルモン(テストステロン)が旺盛な男性になるほど、一人の女性では我慢できません。そして、浮気をしてしまうのです。

「見捨てられる」という感情

浮気を繰り返し行なう男性の心理として、
「捨てられる前に、別の愛情を探してしまう」
という心理が、考えられるそうです。

そのような男性は、幼少期の複雑な家庭環境に要因があったりします。
複雑な家庭環境とは、例えば両親の浮気が原因で、幼少期に両親が離婚をしているという経験です。または幼少期に、親に虐待をされて育った経験がある場合などです。
そういう経験を持つ人は、両親からの「無償の愛」というものを十分に与えられないまま育ってきました。なので愛されるという実感が、あまりない状況です。

そういう状況なので、愛情に対して「かなり飢餓感」を抱いている場合が多いそうです。愛情に飢えている状況から、誰かに「見捨てられる」という感情が出てきてしまう傾向があります。

両親に愛情を注がれないで育った人は、自分自身も愛せない状況になっています。愛された経験がないので、愛し方もわからないからです。

さらに、自分には愛される価値がないと思いつめている場合もあります。よって結婚したとしても、そのうち捨てられるかも?という不安を抱えながら生活することになります。
なので捨てられる前に、別の愛情を探してしまうという傾向があるようです。
※より正確で詳しいことを知りたい場合は、心理学の専門家などに相談してください。

「満たされていなかった」という不満

ちなみに浮気について、どっちが悪いという「言い争い」がよくあります。浮気する人・された人、どっちが悪いか?という「言い争い」です。たぶん世間的には、浮気した人が悪者となります。一般常識では、その通りでしょう。

ただし相手が浮気した原因をよく調べたら、精神的にも肉体的にも満たされていなかったからという場合が見られます。もしかしたらパートナー同士におけるコミュニケーション不足が、浮気の原因になっていたのかもしれません。

「もっと本音で相手と話し合いができていたなら、浮気されなかったかも?」
後からそう気づく方も、結構いるようです。長きにわたって愛し愛されるには、お互いの努力も必要なのでしょう。

男女の間の思い違い

壊れたハート

なお、女性はセックスをすると男性に対して心が通ってしまい、愛情が芽生えることが多いようです。

しかし男性は、愛情とセックスを別物として割り切っていることが多いようです。愛とセックスは別物という考えになります。この考え方の違いで、男性と女性の間で「思い違い」が出てくる訳です。

以上のことから、女性は男性の軽い浮気を見て見ぬふりをするくらいの余裕があるほうが、上手くいくかもしれません。ただし女性の側から見ると、理不尽なことと言えます。