夜間のコンタクト装着で昼間の視力を回復、オルソケラトロジー

視力回復の定番・コンタクトレンズの使用

視力回復の基本は、メガネとコンタクトレンズと言えるでしょう。
新しく治療法が開発されている現在においても、やはり変わりはないようです。

コンタクトレンズについては改良が進み、以前より安心して装着できるようになってきました。

コンタクトレンズ

例えば酸素透過性のハードレンズの普及により、従来コンタクトレンズ使用者に多かった角膜障害が、とても減りました。

ところでメガネとコンタクトレンズでは、どちらが安全と言えるでしょうか?
やはり、メガネのほうが安全かもしれません。
例えば「お子さん」の場合は、ご自身でコンタクトレンズの取り扱いができるまで、メガネのほうが安全でしょう。そう考えると、コンタクトレンズは中学生ぐらいからということになります。

ただし医学的な面から、コンタクトレンズを使ったほうが良いという場合もあります。左右の度が違う人、円錐角膜という病気を持っている人、近視が非常に強い人の場合です。
これらの方は、メガネよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようです。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、

コンタクトレンズを視力回復の手段として利用する方法です。

オルソケラトロジーでは、オルソレンズというコンタクトレンズを夜間に装着して、昼間の視力を回復させます。
寝ている間に、高酸素透過性のコンタクトレンズを装用します。それによって、近視を矯正します。夜間に「そのレンズ」を装用するだけで、日中は裸眼で生活できるようになります。

この方法は軽度から中程度の近視の場合において、視力の回復に効果があると言われています。
中程度の近視とは、視力が0.05から0.1程度のことです。この程度なら、約1週間の治療で0.7から1.0ほどまで、視力が回復すると予想されています。
また、近視の進行を予防するのにも効果がある、と言われています。

手術より安全な視力回復の方法

視力回復の方法として、手術よりは安全な治療法と言えるでしょう。
手術以外の方法として、今後期待される視力の回復法と言えます。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム