手相から、未来の運勢を確認する方法

未来を示す「左手の手相」

左手の甲側(爪のある面)で、未来の運勢を確認できます。運勢の確認では、左手の甲側・中指の根本周辺の色が、とても大切です。

この場所の色が明るいなら、その後1年間の運勢も明るいものとなるでしょう。

左手の甲

その他の確認方法として、「中指の根本」から「手首」までの色でも、運勢を見ることができます。

例えば運勢が下がっていく時は、左手の甲だけでなく右手の甲まで「くすんだ色」になります。

左右の手の色が大幅に違う人は、「大病の前触れ」でもあります。左右の体の「血液の流れ」がアンバランスになっている可能性があるようです。
休養して、体の健康に気をつけましょう。

一般的に、未来の手相は右手

手相は、基本的には両手の手相で判断します。
しかし慣れていない人が手相を見る場合は、どちらか片方の手で見るほうがわかりやすいと思います。

左手は先天的、右手は後天的な運勢が現れるようです。よって右手の手相を見るほうが、未来を確認できるでしょう。

明るい未来にするために、手相を利用しましょう

現代社会では、多くの人たちが様々な「不安や悩み」を持っています。社会自体が複雑になり、人間関係も昔に比べて、かなり複雑になってきているようです。複雑になった分、個人に掛かる負担は増えてゆきます。そのためストレスが溜まり、さらに負担が掛かるという悪循環が起きています。

不安やストレスを抱えている人は、何かアドバイスを求めている状態かもしれません。そして出来るなら、自分で「答え」を見つけたいのかもしれません。
こんな時、もしも「手相占い」などで将来を見通すことができるなら、その後の人生を良い方向に向かわせることが出来るかもしれません。

今後の人生について悩んでいる時、手相を占うことで自分の将来を知り、対処できる場合があると言われています。占いの結果で、もしも悪い予想が出ても、しっかり努力すれば対策や対処を行なえると思います。

逆に悪い事が起きると知らない場合は、対処できません。
「手相占い」の信頼性については、高いと言われています。なので悪い占い結果の時も、信じて対策を立てるほうがいいと思います。

「手相占い」によって、人生が変わった人もいるそうです。
本当に「手相占い」で人生が変わるの?と思うかもしれません。でもまずは、信じる事から始めてみましょう。

なお、「手相占い」を受ける人は、自分と相性がいい手相占い師を選ぶようにしてください。色んな人の感想や評判を参考にして、誠実な先生を見つけましょう。ダメな先生に占ってもらっても、意味がないからです。

「手相占い」を参考にして、明るい将来を手に入れましょう。

占い
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム