心理学から見る「親子関係と恋愛」

「パートナー選び」に影響を与える親子関係

私たちが恋愛や結婚において相手を選ぶ時、自分の親子関係がとても影響しています。
両親から受け取ってきたものが、私たちの物事に対する選択基準に影響を与えています。
そして「パートナー選び」については、次の2点の傾向があります。

  • 子供時代に親から受けた傷を癒して欲しい、と思う。

パートナーに対して、理想の親像を求めます。
例えば厳格な親の場合は、優しいパートナーを求めます。無口で楽しくない親の場合は、よく話す楽しいパートナーを選んだりします。

  • パートナーに対して、子供時代に失った自己を見出して、パートナーを理想化する。

パートナーに対して、子供時代に「自分は、こうありたかった」という事や現在の理想像を、求める場合があります。
例えば親の「しつけ」が厳しかった人が天真爛漫な人に魅かれたり、性的に厳しく育てられた人が大胆なセクシャリティ-に魅せられたりします。
親子関係によって傷ついた自己や失った自己を、恋愛関係によって回復させようとします。

親と似たパートナー

母と娘また、私たちは無意識のうちに、自分の親と似たパートナーを選択することがあります。

人間は、習慣の生き物です。慣れ親しんだ環境に対して、愛着があります。そのため無意識のうちに、親や家庭環境が似ているパートナーに魅かれてしまう傾向があります。
例えば、幼児時代に両親が家にいることが少なくて「寂しい思い」をした人は、「面倒み」がいい人を相手として選びたい、と思うことがあります。

別の選び方になりますが、私たちはパートナーを選ぶ時に、自分と性別が違う親(異性の親)を見て、こんな人をパートナーとして絶対に選びたくないと思う時があります。例えば、だらしのない父親がいます。娘は、そんな父親を軽蔑しています。

しかしその娘が、父親そっくりの異性と付き合うことがあります。この場合、両親の関係を考えてみると、だらしのない父親には、彼を支える母親がいます。
母親が「だらしない父親」を世話しているという点について、仮に娘が価値を見出していたなら、娘はそういう価値観を無意識のうちに受け取っていると考えられます。

娘が母親の「ひたむきさ」や「頑張り」について素晴らしいと判断して、それを自分の中に取り込んでいる可能性があります。

パートナーに親の価値観を押し付ける事

ところで親の影響によって、私たちがパートナーを追い詰める場合があるそうです。
私たちは親から自分の存在を認めてもらうため、親の要求を満たすように成長します。

もしも親の要求によって傷ついた時、親とは正反対の性格のパートナーを欲しいと考えます。しかし私たちは、親の要求に応えることが、親から存在を認めてもらえる「ただ一つの方法」でした。
よって無意識のうちに、自分自身で親の価値観を受け入れて、パートナーが「その価値観の通り」に行動する事を押し付ける場合があります(パートナーがあなたの親みたいに行動する事を、あなたが要求する場合があります)。

以上のように、親子関係は恋愛に対して影響を与えていると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました