「お菓子作り」の職人・パティシエ

パティシエケーキや洋菓子を作る職業や職人さんのことを、パティシエと呼びます。近年のスイーツブームにより、パティシエは一流ホテルや洋菓子専門店などで求人があります。

ずっと前は、パティシエは男性社会だったそうです。そしてパティシエになるには、洋菓子店に弟子入りして、そこから「お菓子作り」について一から学ぶ方法が主流でした。
しかし近年では女性の進出が多くて、半数以上が女性であるとも言われています。そしてパティシエになりたい人は、「調理師専門学校の製菓部門」や「製菓の専門学校」などで勉強して、それから洋菓子店で修行を重ねるという方法が一般的になりました。

「お菓子作り」は職人技と言われています。学校で学んだ事を、すぐに活かせる状況ではないようです。実際の現場でも、勉強することが大切です。洋菓子店という現場では、「教えてもらう」という受身の姿勢ではなくて、「技を盗む」という姿勢で取り組んでみましょう。そうするほうが上達できる、と思います。

担当の例

パティシエの作業工程については、生地作りから仕上げまで、いくつかに分類されています。多くの「お店」では、それぞれの担当が決まっています。

生地担当

ケーキの土台となる、大切な生地を作るパートです。一定のキャリアと正確な技術が求められます。

オーブン担当

生地を焼き上げるパートです。生地それぞれの性質により、オーブンの温度や焼き加減を調節しなければなりません。

仕上げ担当

クリームなどを作って、焼き上がった生地を組み立てて仕上げるパートです。デコレーションのセンスが、とても大切になります。

グラシエ

「シャーベット」や「アイスクリーム作り」のパートです。

フランスで修行

パティシエの中にはフランスで修行する人が多い、と聞きます。フランスの「お菓子」は、フランスの料理に負けないほど有名だからです。
ちなみにフランス料理は言うまでもなく大変に有名です。フランスには、ミシュランが星をつけるレストランが多数あります。日本で活躍しているシェフの中にも、フランスで料理の修業をしたという方がたくさんいます。料理業界において、フランスはリーダー的な存在なのでしょう。

もしもフランスに旅行する機会があるなら、グルメを堪能する目的で行くのも良いでしょう。お菓子や料理を楽しみましょう。さらにフランスではファッションや芸術、スポーツなども盛んです。スポーツではサッカーの人気が高くて、スター選手も多いと聞きます。グルメとともに芸術やスポーツも楽しむと良いでしょう。



タイトルとURLをコピーしました