パソコンで困っている人を助ける、インストラクターになりたい

パソコンインストラクターになりたい!

パソコン講師30代後半になった時、今の世の中、パソコンを使えないと不利になってしまう場合がある、というを知りました。そこで、パソコンの技術を身につけようと決心しました。

パソコン関連のスキルアップをするために、パソコンスクールに行きました。
講師の方は、親切に教えてくれました。わからない事も、わかるまで教えてくれました。パソコンがだんだんと面白くなってきて、色んな使い方ができるようになっていきました。

すると私と同じように

パソコンが全く「わからなかった人」に対して、親切に「わかりやすく」教えてあげたい

と思うようになりました。そしてパソコンのインストラクターになりたい、と思うようになりました。

パソコンに対して、もっと勉強して、もっとレベルアップして、パソコンのインストラクターになりたい。そう思っている方がいる、と思います。その夢を、ぜひ実現してください。

役立つ資格

パソコンのインストラクターは、パソコン全般に関する「機能説明」や「操作方法の指導」などを、主に行なう職業です。

パソコンのインストラクターになるために、特に必要な資格はありません。
しかし、パソコン関係の資格を持っていると有利になる場合もあるでしょう。
以下に、持っていると有利になりそうな資格を、ご紹介したいと思います。

  • マイクロソフト・オフィシャルトレーナー
    マイクロソフト社で実施している通称MOTという資格です。
  • 日商マスター
    日本商工会議所で実施している資格です。
  • パソコンインストラクター資格
    全日本情報学習振興協会で実施している資格です。

これらの他にも、パソコン関係の資格はあると思います。このような資格を持っているとインストラクターの仕事をする場合、有利になると思います。
パソコンインストラクターになりたい方は、ぜひ取得してみましょう。
※資格については、名称が変更されたりします。最新の情報を、ご確認ください。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム