画像ソフトで絵を描くなら、ペンタブレットを使いましょう

絵を描ける画像ソフト

画像を編集するソフトの一つに、フォトショップというソフトがあります。本来は画像編集用のソフトなのですが、その他に絵を描くこともできます。
なので絵を描くのが好きな方の中には、フォトショップを使ってイラストを描いている人もいます。その使い方によりますが、かなり上質なイラストを描けると言われています。

使いやすいペンタブレット

ペンタブレット一般的なパソコンでは、マウス機器を使って絵を描く事になります。ですが、操作しにくいです。マウスは、絵を描くのに最適化された機器ではないからです。かなり器用な人なら、マウスでも上手なイラストを描けるでしょう。でも、そうでない人のほうが多いと思います。

ペン型の入力機器に、ペンタブレットがあります。ペンタブレットを利用すると、曲線も思い通りに描けます。フォトショップで絵を描くなら、ペンタブレットのほうを「おすすめ」したいです。特に絵心がある方は、ぜひ使ってください。

ペンタブレットに付属の画像編集ソフト

デジタルカメラやスキャナ、ペンタブレット機器などを購入すると、画像編集できるソフトが付属している事が多いです。付属ソフトとしてよく同梱されている物は、例えばフォトショップ・エレメンツなどです。

これは、フォトショップの機能を限定して、その分だけ安くしたフォトショップです。基本的な画像編集なら、十分に行なえるソフトです。なので一般の人や初心者の方などには、こちらのソフトで十分と言えます。もしも本格的に画像編集したいと思ったら、全ての機能を使えるフォトショップを使うと良いでしょう。

最初のうちは、ペンタブレットなどに付属しているソフトを使ってみましょう。付属のソフトでも使いこなすと、かなり綺麗なイラストを描けると思います。