習慣にしたほうが良い、歯の定期健診

歯の定期健診

歯の健診虫歯などで歯が痛くなったら、歯医者に行って治療してもらう事になります。一般的に、歯医者は治療するために利用するものと言えます。

ですが健康診断みたいに、歯も定期的に健診してもらうほうが良い、と言えます。実際に年に1回ほど、かかりつけの歯医者に行って歯の健診を受けているという人がいます。
近年では、予防歯科というものが注目を集めているそうです。専門医による虫歯予防のためのブラッシング指導を受けられたり、歯に関する定期検診を受けたり、未然に歯に関する病気を防ごうという試みです。

実際のところ、私は歯が痛くなってから歯医者に行けば良いと思っていました。だけど「予防歯科という取り組み」を知ってから、少し考え方が変わりました。毎年1回、健康診断を受けているのですが、同じように歯の定期検診も受けたほうが良いかも?と思うようになってきました。

昔に比べて長生きできる現代では、自分の歯をたくさん残したまま生活できる事が、とても大事です。信頼できる歯医者を見つけて、かかりつけの歯医者として利用してゆきましょう。
例え自覚症状がなくても、歯や歯茎に問題が見つかる可能性があります。毎日きちんと歯磨きしている人も、歯の定期健診を習慣にしましょう。

親知らずの腫れ

歯の問題において放置しがちなものに、「親知らずの腫れ」があります。そのままにしていたら治ったので歯医者に行かなかった、という方も多いと思います。しかし治療しなかったら、最悪の状態になってしまう可能性もあります。
やっぱり歯医者に行って、「親知らずの腫れ」を適切に治療するほうが良いそうです。虫歯なら、「歯磨き」をきちんとすれば予防できます。ですが「親知らずの腫れ」については、予防は難しいようです。抜歯などしないと治らないようです。

歯のクリーニング

毎日しっかりと歯を磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシでは届かない所があります。「汚れ」が溜まりやすい所があります。実は歯ブラシでは、歯石の約65%しか除去できていない、という指摘があります。よって、歯医者による歯のクリーニングが必要である、と言われています。
歯医者による歯のクリーニングでは、専門機器で薬剤を使って、歯にこびりついたヤニや茶渋、普段の「歯磨き」では落とせない「ガンコな汚れ」を除去してくれます

歯のクリーニングは、治療ではなくて予防や審美を目的としています。歯の「表面の汚れ」を取って、歯周病菌や虫歯菌の細菌膜を破壊します。そうすることによって虫歯になりにくい、健康な歯を維持できます。
ちなみに「歯のクリーニング」の時、「痛み」があるかも?と心配される方がいるようです。実際のところ、痛いものではないそうです。あまりの気持ち良さに、眠ってしまう人もいるそうです。

年を取っても自分の歯で美味しく食事したい、そう願っている人は多いでしょう。歯医者による歯のクリーニングをすることは、それを可能にしてくれます。20代や30代という若いうちから定期的に歯のクリーニングをすれば、約95%の確率で、高齢になっても自分の歯を維持できる、というデータがあるそうです。

ところで歯のクリーニングや予防医学なんて聞くと、ちょっと大変そうだと考えてしまう人もいるかもしれません。そんな時は、まずは歯ブラシ1本でできる事だと考えて、「気楽な気持ち」で「歯磨き」を始めてみましょう。
自宅で使う歯ブラシについては、スタンダードな物で「歯の汚れ」を十分に落とせるでしょう。特に不都合がないなら一般的な歯ブラシで、「歯の汚れ」をおおよそ落とすことができます。

優良な「かかりつけの歯医者」を見つけましょう

「歯磨き」と「歯医者」には相反する関係がある、と言えるかもしれません。世の中の人が上手に歯磨きすればするほど、歯医者を利用する人が減ってしまう可能性があるからです。歯医者はある意味、利益を得る商売という一面を持っています。0円で治療してくれる訳ではありません。なので患者さんが減ると、歯医者の利益も減ってしまいます。

意地悪に考えると、打算的な歯医者なら、「歯磨き」の方法を熱心に教えたいと思わないでしょう。患者が減ってしまうのを防ぎたいからです。ですが利用者側から見ると、そのような不親切な歯医者には行きたくないと言えます。

かかりつけの歯医者を選ぶなら、患者の歯のことを真剣に考えてくれる所が良いです。そんな「患者思い」の歯医者なら、治療目的を始め、定期健診目的でも通いたいです。

あと実際のところ、普段から「歯磨き」をしている人でも、歯を治療してもらう場面が出てきます。一生、歯医者と無縁であるという人は、ほとんどいないでしょう。
近年、私は1日3回、歯を磨いています(なお「昼の歯磨き」は、簡単に短時間で済ませています)。
このように歯を磨いていても、自分の歯をよく眺めてみると汚れている部分が見つかりました。歯ブラシによるブラッシングだけでは、歯を完全に綺麗にすることは無理なのかもしれません。歯を清潔に保つためには、歯医者さんの力を借りる必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました