習慣にしたほうが良い、歯の定期健診

歯の定期健診

歯の健診虫歯などで歯が痛くなったら、歯医者に行って治療してもらう事になります。一般的に、歯医者は治療するために利用するものと言えます。
ですが健康診断みたいに、歯も定期的に健診してもらうほうが良い、と言えます。実際に年に1回ほど、かかりつけの歯医者に行って歯の健診を受けているという人がいます。

昔に比べて長生きできる現代では、自分の歯をたくさん残したまま生活できる事が、とても大事です。信頼できる歯医者を見つけて、かかりつけの歯医者として利用してゆきましょう。
例え自覚症状がなくても、歯や歯茎に問題が見つかる可能性があります。毎日きちんと歯磨きしている人も、歯の定期健診を習慣にしましょう。

親知らずの腫れ

歯の問題において放置しがちなものに、「親知らずの腫れ」があります。そのままにしていたら治ったので歯医者に行かなかった、という方も多いと思います。しかし治療しなかったら、最悪の状態になってしまう可能性もあります。
やっぱり歯医者に行って、「親知らずの腫れ」を適切に治療するほうが良いそうです。虫歯なら、「歯磨き」をきちんとすれば予防できます。ですが「親知らずの腫れ」については、予防は難しいようです。抜歯などしないと治らないようです。

優良な「かかりつけの歯医者」を見つけましょう

「歯磨き」と「歯医者」には相反する関係がある、と言えるかもしれません。世の中の人が上手に歯磨きすればするほど、歯医者を利用する人が減ってしまう可能性があるからです。歯医者はある意味、利益を得る商売という一面を持っています。0円で治療してくれる訳ではありません。なので患者さんが減ると、歯医者の利益も減ってしまいます。

意地悪に考えると、打算的な歯医者なら、「歯磨き」の方法を熱心に教えたいと思わないでしょう。患者が減ってしまうのを防ぎたいからです。ですが利用者側から見ると、そのような不親切な歯医者には行きたくないと言えます。

かかりつけの歯医者を選ぶなら、患者の歯のことを真剣に考えてくれる所が良いです。そんな「患者思い」の歯医者なら、治療目的を始め、定期健診目的でも通いたいです。
あと実際のところ、普段から「歯磨き」をしている人でも、歯を治療してもらう場面が出てきます。一生、歯医者と無縁であるという人は、ほとんどいないでしょう。