見た目のコンプレックスを解消できる「髭の永久脱毛」

髭の悩み

女性が脱毛をする箇所は、「脇」や「すね」「腕」などが多いと思います。

髭

対して男性が「毛深さ」を気にしている部分は、女性にはない髭だそうです。腕や脇・脚の毛よりも髭を気にしている男性が多い、という事です。

  • 髭が濃いのに色白なので、剃った後が「青く」なってしまい恥ずかしい。
  • 朝に一生懸命、髭剃りしたのにもかかわらず、昼過ぎに再び剃らなくてはならない。
  • どのメーカーの「髭剃り」を使っても、何を塗ってもカミソリ負けしてしまい、髭剃りするのが苦痛だ。

このように髭に悩まされている男性は、実はたくさんいます。

ところで、なぜ髭なのでしょうか?
髭は特に目立つ部位である「顔」にあるから、と考えられます。
特に髭の濃い人は、剃った後でも「青々しい感じ」で髭が残り、人によっては、それがコンプレックスとして残ってしまうこともあるそうです。

そんな時、「人間は見た目でなく中身だ」と考える人もいるかもしれません。
確かに人間は中身が大切だ、ということに同感できます。でも実際には、最初に「その人の外見」特に顔が、目に飛び込んできます。

見た目で目立つ顔の一部に髭がある、そう考えたらコンプレックスになってしまう、という「男性の気持ち」も理解できます。

注目を集めている「髭の永久脱毛」

男の人であれば一度くらいは、髭の処理をどうしようか?と考えた事があると思います。
伸ばすのもいいですが、あまりやり過ぎると不潔なだけです。だからと言って常に剃っていくのも面倒な上に、たまに剃り忘れて無精髭となってしまうこともあります。

毎日の「身だしなみ」をきちんとするための方法の一つとして、永久脱毛をする方法があります。永久脱毛とは、永遠に毛が生えてこないようにする技術のことです。近年、注目を集めています。

男性の髭ですが、「脇」や「すね」と同じように永久脱毛できます。髭を永久脱毛したことによって、「なんだか自信がついた」という話も、冗談のようですが実際にあったそうです。

一番脱毛したい部位・髭

近年では、男性が脱毛を行なうことも多くなってきました。永久脱毛を行なう部位については、男性の場合は髭が一番となっています(2010年当時。ちなみに女性の場合は、脇の下が一番のようです)。

髭が一番になっている理由は、「毎日の髭剃り」が面倒だからということだそうです。
そして、髭の剃り跡が青っぽくなってしまうことに対してコンプレックスを感じている、という理由も多いようです。

その他の理由では、特に髭の濃い男性では、一日に「数回の髭剃り」が必要になり困るから、何度も髭を剃ることで肌が傷つくから、という理由も挙げられています。例えば、カミソリを使っている男性の方の話では、カミソリで肌を切ってしまい、血だらけになってしまうこともあるそうです。
こんな状態では、確かに髭を永久脱毛したいと思うことでしょう。

レーザーを用いる方法

髭の永久脱毛に最適と言われている方法に、レーザーを用いる方法があります。
この方法では、脱毛させたい部分に何回かに分けてレーザーを照射することで、段々と髭が生えてこないようにしていきます。
「痛み」はそれほど強くなく、我慢をするまでもない程度ということです。なので安心して施術を受けられます。
これを1ヶ月半おきくらいの頻度で繰り返して、2年程度の長い時間を掛けて永久脱毛をしていきます。

ただし、この脱毛をする場合、医療機関つまり病院で行なうことを強く「おすすめ」します。
医療機器に分類されているレーザーは、その出力は市販の機器と段違いです。よって、より確実な効果を得られるからです。

男性も永久脱毛する時代

最近の女性は、髭のない「すっきりした顔立ち」の男性を好むという傾向があるようです。そういう事情もあり、レーザーによる髭の永久脱毛を利用する男性が増えてきているそうです。

もしかしたら、時代が変わってきたのでしょうか?
女性だけでなく男性も「永久脱毛を行なう時代」を迎えています。

外見の見た目を良くするだけでなく、「髭剃り」の負担を減らすための永久脱毛ということになれば、男性にとっても受け入れやすいと言えます。

脱毛
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム