借金を整理する方法の一つ・自己破産

法律で借金を整理する債務整理

借金に悩む男性借金にまつわる悲しいニュースが、テレビや新聞などで度々報道されています。
日に日に膨れ上がってゆく借金、そして「その借金を返せ」と言われ続けるプレッシャーは、毎日を不安にします。
こんな不安が続けば、家族や知人・友人たちとの人間関係もギクシャクしてゆくでしょう。残念な事ですが、家庭崩壊という最悪の結果を迎えてしまう可能性もあります。

多重債務のために、毎日の生活が「とても苦しい状態」になっている場合、債務整理することで債務者の生活を再生させることができます。
債務整理では、法律によって借金を整理できます。その方法には、自己破産・任意整理・個人民事再生があります。

その人の借金の状況により、どの方法が一番良いかどうか、自分で判断する事は難しいと言えます。法律の専門家や債務整理のサポートセンターなどに相談して、判断する事になると思います。

一番良い方法・自己破産

一般的に考えると、自己破産という方法が金銭的に一番メリットがある方法と言えるでしょう。なぜなら自己破産では、原則的に全ての借金が無くなるからです。※税金や社会保険料の滞納分については、免除になりません。
よって、まず最初に自己破産を検討する事になると思います。

自己破産するためには、将来において借金を返すことが極めて困難である事、かなり難しい状況である事が必要とされます。現在の収入と財産から考えて、支払い不能であると判断される必要があります。
その判断の一つの目安として、可処分所得があります。所得において、その人が自由に使える「お金」を算出することで、返済能力が無いかどうかを判断できます。

自己破産できれば、確かに借金は無くなります。ですが、その後の生活の送り方が大事と言えます。再び借金地獄に陥らないように、金欲に負けない精神力が求められるでしょう。

資格取得に関する噂話

もしも自己破産をしたら、その後、国家試験を受けることができないというような噂があります。実際に「この噂を聞いた人」の中には、気になって心配になっている方もいるようです。

例え自己破産をしても、その後に国家資格を受験する際、何の問題も障害もありません。その点については、安心してください。

ただし資格の中には、免責を受ける前では登録できないという資格もあります。資格に関する登録をする際には、免責を受けられるかという事が重要な点になります。
受験はできる、だけど登録する際に免責を受けている必要がある、という資格があります。なので、事前に確認しておきましょう。

自己破産した場合、その後の事について色々と悩むと思います。しかし、自己破産後の生活を考えて資格を取得することは、自立の「きっかけ」になると思います。

※債務整理や自己破産に関する法律については、最新の情報を確認してください。