リハビリを通して人々の健康を支える理学療法士

あなたは、病院などでマッサージや体操を通して患者さんのリハビリテーションの指導を行なっている理学療法士さんを、ご存知でしょうか?
私は以前、スポーツで怪我をした知人から、理学療法士さんについて聞いた事がありました。その知人は、理学療法士さんにとても「お世話になった」と言っていました。
理学療法士の方たちは、マッサージや体操という物理的な手段で、患者さんの身体機能の回復をサポートするということです。患者さんにとって、頼りになる人たちだと思いました。

理学療法士理学療法士とは、国家資格を有するリハビリテーション指導のプロだそうです。福祉や医療を始め、スポーツの分野でも活躍している人たちです。
理学療法士は怪我や病気で身体に障害のある方に対して、医師の指導の下、マッサージや体操という物理的な治療方法を用いて、患者さんの身体機能の回復を行ないます。そして身体だけでなくて、患者さんの心のケアもするそうです。

近年では、医療においてもリハビリの重要性が指摘されています。理学療法士は身体に障害をお持ちの方に対して、最新の技術と理論を基に障害の回復を目指して、指導と援助を行ないます。リハビリを通して、患者さんが日常生活で自立できるように支援することが、理学療法士の主な仕事となります。

ちなみに医学療法によるリハビリテーションでは、運動療法を始め、物理療法も実施されます。物理療法とは、関節の変形を矯正するための牽引や、温熱によって患部を温める処置などがあります。電気や光線を用いる物理療法もあり、症状に合わせて最適な物理療法が選ばれているようです。
もちろん、自分の体には合わないという療法もあるでしょう。医師と相談の上、ご自身に合う療法を受けることになります。

なお、この医学療法士になろうと思ったら、まずは国家試験に合格する必要があります。受験するためには、一定の要件を満たす必要があります。なので受験資格の最新情報を、ご確認ください。
理学療法士の求人数は多い、と聞きます。福祉関連の施設からの求人も多い、と聞きます。介護職員の次に多い求人数と言われています。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム