演奏者が望む音に仕上げる、ピアノ調律師

ピアノを調律する必要性

人が健康診断するように、ピアノも定期診断が必要です。
人は、病院などで定期健診を受けます。対してピアノの場合は、調律師たちの手によって「調律」ということをします。なぜならピアノの中には、木材や羊の毛などの天然の物から作られている精密な部品が、たくさんあるからです。

ピアノは「暑さ」や「寒さ」などの影響を受けて、音が変わってしまいます。
ピアノは普段弾いていなくても(使っていなくても)、そこに置いてあるだけで音が変わってしまうということです。

ピアノがこれからも、ずっと美しい音を出せるようにするために、「調律」することはとても大切です。そして定期的に調律を行なうことは、ピアノを使い続けるために不可欠です。
良い状態を保つために手間が掛かることより、ピアノも私たちと同じように「生きているみたい」に思えます。

ピアノ調律師

ピアノ調律師ピアノが好きな方の中には、演奏者ではなくて調律師になりたい、という方もいるでしょう。ですが、あんまり身近にプロの調律師を見かけません。実際に調律師になるには、どうすれば良いのでしょうか。

一般的な方法として、ピアノ調律師・養成学校に入学して調律師を目指す方法があります。
その他にも、専門学校の中の調律科で訓練したり、大手の楽器メーカーに就職して社内の調律師・養成所で訓練するなどがあります。
企業の調律師・養成所では、その後その会社で調律師として働ける可能性があります。この点を魅力に思う人も、いるでしょう。

働き方

調律師として働く場合、楽器販売店に就職したり、調律師を派遣する事務所の登録スタッフとして働いたりするようです。ある程度、商売の経験を積んだら、独立する方もいるようです。

独立した場合、依頼主とのコミニケーションも重要となります。職人なので黙って仕事をするだけで良い、とはいかないようです。依頼主の要望をよく聞いて、あちらの願う通りにピアノを仕上げることになります。

なお、調律師に求められる要望は色々あると思います。ピアノの弾き手が子供なのか大人なのか、どのような曲を主に演奏するのか、どのような音色を望んでいるのか、演奏者によって様々な要望があると言えます。
調律師は、ピアノの88の音を全て正確な音程にして、さらに演奏者が希望する音色に仕上げてゆきます。聞いただけで難しそうな仕事に思えますが、やりがいのある仕事だと思います。

収入については、これといって決まっていないようです。
見習い期間の間、収入が0円だった、という噂話があったりします(本当かどうかは、わかりません)。
調律師としての技術レベルや業務の経験年数などによって、収入は違うと言えます。

一定の需要がある職業

ところでピアノ調律師の近年の状況は、一昔前と比べて厳しいかもしれません。ピアノの販売台数は減少していて、電子ピアノが普及しているからです。電子ピアノは、基本的に調律する必要はありません。よって調律師さんにとっては、厳しい状況だと思います。

そんな厳しい状況ですが、ピアノ調律師さんが求められる状況もあります。趣味としてピアノを楽しんでいる人たちが増えている、という指摘もあるからです。
会社を定年退職した方や子供が独立して自由な時間が増えた方などが、高額なピアノを購入して、一生大事に使い続けていると聞きます。そのような方にとっては、ピアノ調律師は「なくてはならない存在」と言えます。

ビジネス
この記事をシェアする

【広告】ピアノ 調律師 」の関連商品

• Amazon.co.jp

ピアノ調律師 (末盛千枝子ブックス)

ピアノ調律師 (末盛千枝子ブックス)

Amazon 価格:1,944 円(2019年4月21日 15:44時点詳細はこちら)

著者:M.B. ゴフスタイン

出版社:現代企画室

種別:単行本

販売店:Amazon.co.jp

• 楽天市場

PIANO MATE VIP MS-16 4個パックセット販売!

PIANO MATE VIP MS-16 4個パックセット販売!

価格:2,600 円[税込](2019年4月21日 15:44時点)
送料込

販売店:アラバスタ ミュージック

【送料無料】 ピアノ 乾燥剤 調律師も推奨!  ピアノメイト 4セット販売! 日付シールプレゼント! ピアノメイト VIP防錆・防虫剤セット
調律師も推奨する超定番! おすすめの4個セット販売! ピアノメ……

グッズ・メモランダム