きっと楽しい、楽器の演奏

楽しい楽器演奏

「楽器の演奏をよくしていたのは、いつですか?」
 

楽器もしもこう質問されたら、どう答えるでしょうか。私の場合、小学校の音楽の授業と答えます。
昔の事を言えば、楽器を使うと言えば学校の授業というイメージが強かった、と思います。リコーダーやカスタネット、鍵盤ハーモニカを、音楽の授業で演奏したという人は多いと思います。
ちなみに小学校で使用する楽器でも、クオリティの高い演奏ができるそうです。ある音楽家の方は、小学校で使用する楽器だけを使った演奏会を開いている、と聞きます。

楽器については子供の時以来、触ってもいない。そんな人でも大人になってから、再び楽器の演奏をやってみるのも面白いと思います。そう思ったら、ぜひ趣味で楽器を演奏してみましょう。

音楽を学べる場所

音楽を学べる場所と言えば、音楽教室があります。多くの場合、楽器演奏を学べるでしょう。
もしも近所に音楽教室が無いという場合は、例えば文化教室の講座を確認してみましょう。文化教室には英会話やカラオケという講座以外に、ピアノやギター、琴などの楽器に関する講座があったりするからです。気になる音楽関係の講座があったら、ぜひ参加してください。

楽器演奏を始めとする音楽は、大人の趣味として「おすすめ」と言えます。教室に通って、楽しい音楽生活を送りましょう。

耳コピ

楽器の演奏に関心のある人なら、耳コピという言葉を聞いた事があると思います。
耳コピとは、楽譜に頼らずに耳で聞いた音をコピーする事を言います。

バンドマンの多くは、楽譜に頼らないと聞きました。アマチュアでコピーバンドをやっている人たちも、耳コピする事で演奏しているそうです。
耳コピによって演奏する楽器も、鍵盤楽器やギター、ベース、ドラムなど種類を問いません。どの楽器においても、曲を聴いて同じように演奏するという事です。

耳コピでは、音符を正しく聞き取る力が求められます。この聞き取る力を養うためのトレーニング方法が、色々とあるそうです。耳コピできない方で興味のある方は、ぜひ耳コピのトレーニングをしてみましょう。

歌唱力のアップ

楽器で演奏する事は、歌唱力のアップにも繋がると言われています。そう言われている理由の一つは、楽器を演奏する事でリズム感を養えるから、という理由があります。歌手の中には、音程をしっかり取る事よりもリズムを取る事を大事にして歌っている、という人もいると聞きます。
ちなみにリズム感を鍛えるには、メトロノームが役立つそうです。楽器の練習をする人の中で、練習時にメトロノームを使っている人も多いと聞きます。

その他にも、楽器で演奏する事はコード進行の理解に繋がります。歌い手の方がギターやベースを弾くようになれば、曲のコード進行などに対して理解が深まります。それは歌唱力や表現力のアップにも役立つ、と言えるでしょう。
以上の事より、例えば「ギターの弾き語り」などは、歌と演奏、両者の訓練に最適と言えるかもしれません。

楽器の購入場所

楽器の購入場所で一番良いのは、やはり楽器店でしょう。楽器の現物を見て確認できるからです。店員さんと相談できるのも良い事です。

なお楽器店では、世の中にある全ての種類の楽器を取り扱っている訳ではありません。実際のところ、その地域のニーズにあった物が揃えられている、と思います。
一般的な楽器と言えば、若者たちがバンドで使用する機会の多いギターやドラム類です。これらの楽器が揃っているでしょう。その他では、キーボードも人気と言えます。ピアノを習っている人が結構いるからです。

あと、楽器は音色がポイントと言えます。見かけがよくても音色が悪い楽器は、ダメと言えます。
そして、ご自身の目的にあった物を選ぶようにしましょう。初心者で趣味として演奏したい場合なら、高額なプロ用の楽器は必要ないです。まずは楽器店の中でも、安そうな物から購入すると良いです。

通販の楽器販売ショップ

うまく演奏できないという人の中には、楽器専門店に行くのが「ちょっと恥ずかしい」という人もいるようです。初心者である事を必要以上に気にする事はない、と言えばそれまでです。だけど、プロっぽい雰囲気が漂う場所には、初心者は近づけないです。

そのような人は、通販で楽器を購入してはどうでしょうか。ネット上には、たくさんの楽器販売ショップが見つかります。
通販だからと言って、楽器の品質が悪いということはありません。良品の物が販売されているでしょう。ただし、通販業者を選ぶ時は注意してください。信頼できるショップを選ぶ事が大事です。

中古楽器の販売店

全国的に、楽器を買い取る専門の業者がいます。なぜなら、楽器は中古であっても価値があるからです。綺麗な音色を出せる楽器なら、中古でも大きな問題は無いと言えます。
楽器の場合、新品の楽器が出てきても古い楽器がもう使えない、という事はありません。さびているなど部品に問題があるなら、部品だけを新品に交換すれば「ほとんど新品になる」と言えます。

もしも今から楽器の演奏を始めようと思っているなら、そして最初は「お金を掛けずに始めたい」と思っているなら、新品の楽器よりも中古の楽器のほうが良いでしょう。
その後、楽器の演奏を続けて行けば、自分の演奏のレベルが上がってゆくと思います。そのレベルに応じて、楽器を買い替えてゆけば良いです。

レンタル

これから音楽を始めようとする人は、楽器の購入を検討する事になるでしょう。ですが、ずっと続けられるかどうか不安な場合、いきなり高価な楽器を購入することは得策とは言えません。あと、日々の「手入れ」や「修理」などを考えると、買うよりもレンタルするほうが良い場合があります。

レンタルサービスの中には、楽器を貸してくれるサービスがあります。まず最初は、レンタルした楽器で練習してみる。だんだんと演奏できるようになり、ずっと続けたいと思えるようになってから新品を購入する、そのような考え方でも良いと思います。

楽器のメンテナンス

楽器は、大切に扱っていても壊れてしまう事があります。なるべく壊れないようにするために、定期的にメンテナンスを行なう必要があります。例えば普段使っているギターも、たまに点検してもらうことで「いい音」になるでしょう。

楽器の修理やメンテナンスは、やはり専門の修理業者に依頼すると安心です。専門の業者は、楽器のことに精通しています。きちんとした音が出ているかどうか、専門業者のスタッフは理解しています。なので、修理やメンテナンスを受けて戻ってきた楽器は、とても「いい音」になっているでしょう。

もしも自分の楽器が何となく「音ずれ」をしている、そんな気がするなら一度専門業者に確認してもらいましょう。
なお、修理やメンテナンスにかかる費用は、極端に高い事はないと思います。心配なら、事前に費用の相場を確認しておきましょう。



タイトルとURLをコピーしました