定年退職の贈り物に、懐中時計

父親に贈り物を贈る機会が、たまにあると思います。毎年の場合は、父の日があります。長い人生においては、「還暦祝い」や「定年退職祝い」に記念品などを贈る事があるでしょう。
記念品としては、美味しい店の「お食事券」や温泉旅行に使える「旅行券」などをプレゼントしても良いですが、ちょっと上品な紳士腕時計も良さそうです。

あんまり腕時計を使わないという「お父さん」でも、一つぐらい「かっこいい腕時計」を持っていても良いと思います。もしかしたら腕時計を「きっかけ」にして、いろんな所に出かけるようになるかもしれません。
散歩や畑仕事、ガーデニングという近所に出かける際も、時刻がわかるほうが都合が良いでしょう。いま現在使い古した「くたびれた時計」しか持っていないなら、なおさら喜んでもらえると思います。

懐中時計ちなみに、私が贈り物として良い時計だと思う物の一つに、アンティーク懐中時計があります。強いレトロ感を感じさせる時計であり、現在でもファッションアイテムとして人気となっています。
こちらの懐中時計は、定年退職の贈り物としても人気が高いと聞きました。65歳前後の方にとって、懐中時計は好感を持てる贈り物と言えるようです。また、時を刻む時計は、自身の社会人としての人生を思い出させてくれます。懐中時計によって「懐かしさ」も感じられると思います。

会社を定年退職したからといって、人生は終わりではありません。むしろ第二の人生が始まることになります。第二の人生においても、懐中時計は役立つアイテムとなるでしょう。

「第二の人生」の記念品

長い人生においては、新しい事にチャレンジする時があるでしょう。例えば、第二の人生を歩もうとしている時です。もしも知人や友人、家族で第二の人生を歩もうとしている人がいるなら、何か記念品をプレゼントすると良いでしょう。もしも可能なら、記念品のどこかに励ましのメッセージを刻印するのも良いです。

一昔前では人生80年、近年では人生100年と言われたりします。例えば70歳で老人ホームに入居した場合、そこからさらに30年間ほど生活が続きます。30年間と言ったら、生まれた赤ちゃんが成人式を迎えて、中年になるくらいまでの期間になります。
近年の第二の人生は、結構長いと言えます。なので第二の人生も穏やかに、そして幸せに過ごしたいです。

贈り物
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム