産後のダイエット運動に、ヨガをしましょう

産後のダイエット

妊娠中に太ってしまった体は、赤ちゃんを産んでもすぐには戻りません
母乳で育てると、自然と体重は減っていきます。だけど、やはり運動も取り入れて健康的に痩せたいでしょう。

産後の運動ダイエットとしては、ヨガやピラティスがあります。

これらの運動は、「体の内側から筋肉を鍛えて、バランスを整える」ことを目的としています。

最近ではヨガの教室(スタジオ)もたくさんあり、ヨガの教本やDVD映像も発売されています。
また、インターネットで検索すれば、ヨガに関する情報が見つかるでしょう。自分の体にあうエクササイズで、美しくて健康な体になりましょう。

ヨガ

ヨガ

ストレッチ運動

産後のダイエット運動として、ヨガがあります。
ヨガは、骨格を整える効果があります。それに加えて、育児中の運動不足を解消できて、精神的な心のケアにも良い影響があります。

妊娠中では「お腹」に赤ちゃんがいたので、姿勢や歩き方に気を使っていたでしょう。そして赤ちゃんの事を優先した姿勢をずっと続けていたので、骨盤が歪んでバランスが悪くなったと思います。
骨格のバランスが悪くなると、「腰痛や肩こり」などの症状が出てくるようです。

ヨガで体を整える運動をすれば、少しずつ妊娠前の正常な骨格に戻すことができます。運動不足の解消にもなるでしょう。

お腹のヨガ

ここではヨガ・エクササイズの例として、簡単にできる「お腹のヨガ」をご紹介します。

  1. 横座り(足を両方左側に置いて座ること)をします。
    次に、左手で左の足を持ちます。右手は、右の膝の前に置きます。
    左手で持った左足を後ろに引いてゆき、その左足の腿(もも)が右足の裏にくっつくようにします。
  2. 左手を左足から離して、左足の爪先を右腕の肘に乗せる様な形を取ります。
    少し引っ張ったような感じで、太もものストレッチを行います。
    その後で息を吸いながら、腰を右側にゆっくりひねる様にします。そして2回から3回、深呼吸します。

終わったら、逆側も同じように行ないます。

お尻のヨガ

簡単にできる「お尻のヨガ」を、ご紹介します。

  1. 真っ直ぐな姿勢で立ちます。両足を閉じておきます。
    両手は、上の方に真っ直ぐ伸ばして上げます。胸が開くような感じになるようにします。
    お尻の肛門を引き締める様に力を入れます。
  2. 息を吐いたまま、右足を後ろに上げていきます。上半身を前のほうに、ゆっくり倒して行きます。
    腕と足が真っ直ぐ(床と平行)になったら、その状態を保ち、呼吸を2回から3回繰り返します。
    そして息を吸って最初の姿勢に戻ります。
  3. 一呼吸したら、左足についても同様にします。

このエクササイズを朝晩繰り返して行なう事で、体調が良くなるでしょう。ダイエットにも良いと思います。
気分のリフレッシュにもなるので、ぜひ毎日ヨガを行なってみましょう。

とても健康に良いヨガ運動

ヨガ運動は、一般的に基礎代謝をアップさせる運動と言われています。実際にヨガによって基礎代謝がアップすると、太りにくい体を作れると言われています。
独特な呼吸法をしながら色々なポーズをするヨガは、内臓機能も向上させます。リラックスの効果もあり、健康に「とても良い運動」です。

ヨガは、とても「ゆっくりとした動き」です。ゆったりとしたポージングをしているように見えます。しかし「その見た目」よりも筋肉を使います。インナーマッスルも鍛えられます。
実際に筋肉が増えると基礎代謝が高くなるので、ヨガという運動は、筋力や基礎代謝量を上げたい方に最適な運動と言えます。
また、お腹を引き締めるのにも役立つと思うので、美しくスレンダーな体になりたい女性はヨガをやってみると良いでしょう。キツくて苦しいスポーツをするよりも、続けられる運動だと思います。