省エネできる、テレビの節電方法

確実な節電方法・電源を切る事

スイッチ・オフ省エネタイプのテレビを使っていても、その使い方が間違っていると、省エネできていないことがあります。

省エネに有効的な使い方とは、どんな使い方でしょうか。
よく言われている方法は、主電源を切るという方法です。

リモコンの電源を使ってテレビを消す場合、主電源を切っていないので待機電力が掛かる事になります。この状態ではテレビを見ていなくても、電気が消費されている事になります。

テレビ本体の主電源スイッチを切ったり、電源切断のスイッチが付いているコンセントを使ったりして、待機電力が掛からないようにしましょう。

待機電力対策

最近のテレビは、省エネ対策が進んでいます。特に待機電力の対策は、目覚ましく改善されていると思います。
一例として、テレビに人感センサー機能が付いていたりします。そのセンサーが、人がテレビを見ていないと判断すると、テレビの電源を自動的に切るという機能です。こんな風に省エネ対策が、日々進められていると言えます。

もしも今「テレビの買い替え」を検討しているなら、省エネタイプの物を検討しましょう。
有効な省エネ対策が実施されている物なら、電気代を節約できるでしょう。そんな家計に優しいテレビを、検討してみましょう。

「画面の大きさ」と消費電力

地デジ導入に伴い、当時、液晶テレビやプラズマテレビを買う人が増えました。その際、エコの意識が高まっているためか、省エネタイプのテレビを選ぶ人が増えたようです。

テレビの消費電力については、画面が大きければ大きい程、機能があればある程、消費電力が増えます。よって、電気代も掛かります。テレビで省エネしたい場合は、「部屋の広さ」や「使う用途」に合わせて、「最適な大きさ」のテレビを選びましょう。

なんとなくテレビを見ない事

テレビについては、画面の「大きさ」や「明るさ」などの設定によって、消費電力量が変わります。「大きさ」や「明るさ」を気にしてもいいのですが、基本的にはテレビ番組を見ていない時は電源を消すことです。電源を消すだけで、結構節電になると思います。

ちなみに、なんとなくテレビをつけっぱなしにする事は、電気を無駄に消費する事になります。

見たい番組がないなら、テレビを消しましょう。

そうするだけで、結構な節電となります。

家電
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム