良い気を取り込める場所・パワースポット

エネルギーが集中する場所・パワースポット

神社パワースポットとは、エネルギーが集中している場所の事を言います。エネルギースポットまたは気場とも言われています。エネルギーが集中している場所です。

ここで言うエネルギーとは、地球上の「あらゆる生命や物質の源」と言えます。そんなエネルギーが集中している場所なので、特異な場所と言えます。

パワースポットは風水の一つと言える、と思います。そして、そこに満ちているエネルギーについては、中国で発祥した風水で言うところの「気」と同じような物と考えても良いです。このエネルギーや気は、大地や動物など、全ての物の中を流れている波動と考えられています。

この波動の元となっている物は、宇宙の気と地上の気、つまり天と地で形成されている物と考えられているようです。宇宙の気、つまり天の気とは、ピラミッドのような天を仰いでいる形の建物などが挙げられます。

宗教施設

一般的な建物でパワースポットに建造されている建物には、お寺や神社などの宗教施設が多いようです。

宗教に関するパワースポットについては、宇宙のエネルギーを取り込む役割、宇宙に存在する波動と同調する役割があるのではないか、と言われています。
よって一般的に、パワースポットと呼ばれている場所には、神社や教会が存在している神聖な場所であることが多いです。

湧水地など

また、自然界で「気」が発生している場所としては、火山地帯や湧水地などが挙げられます。エネルギーが、地中から強く噴出されている所です。
代表的な所として、フランスの「ルルド」という場所があります。この場所は、パワースポットとして認識されています。

エネルギーを感じ取る方法

近年、パワースポットという言葉がとても流行しています。でも実際に「パワースポットって何?」と聞かれたら、よくわからない人のほうが多いと思います。

パワースポットという言葉を聞くと、何となく神秘的で「スピリチュアルな感じ」がします。パワースポットに行くだけでパワーがもらえるかもしれない、または不思議な体験をするかもしれない、このように思って、その場所に行く人も多いと思います。

しかし出来るならパワースポットの事、つまり

その場所の事(歴史など)を知ってから行くほうが、よりパワーをもらえると思います。

ところで実際に、そのようなパワースポットに行ったら、どうやってエネルギーを感じたらいいのでしょうか?

まずは、深く深呼吸をしましょう。息を吸う時、手を広げて顔を上げて、

体の全体でエネルギーを感じるような体勢で息を吸いましょう。

次に息を吐く時には、体の中に溜まっている邪悪な物を全部吐き出すことをイメージして、息を吐きます。

このような深い深呼吸を、何回か行ないます。そうする事でエネルギーを感じたり、気分がリフレッシュできたりする、と思います。

ぜひパワースポットでエネルギーを感じてみてください。

良い気を取り込みましょう

パワースポットという場所に行くと、なぜだか「力をもらえそうな感じ」がします。「パワースポット巡り」なんていう小旅行も、ちょっと流行っているようです。

パワースポットに行く目的には、ヒーリングするためだったり、健康を回復させるためだったり、様々な目的があるでしょう。例えば不運な事が続いたりすると、縁起を担ぐために「縁起の良さそう場所」に行ってみたいと思う人は多い、と思います。
そこに訪れると元気をもらえるなど、「良い気」を取り込むことができます。

パワースポットは、エネルギーに満ち溢れている場所と言えます。ここで言うエネルギーとは、気や波動と同じような物です。幸福や繁栄をもたらすエネルギーであるとも言えます。
そしてパワースポットでは、良い気が集中しています。なので、気分が良くなります。

精神的にエネルギーを充電できます。心が満たされたり落ち着いた気分になったりするでしょう。

パワースポットにあるエネルギーは、人の体における7つのチャクラから、体内に取り込まれます。取り込まれたエネルギーは、全身を巡るようになります。

パワースポットに行けば、そのエネルギーを感じる・感じないに関係なく、ほとんどの人が「そこにあるエネルギーを吸収できる」そうです。なので実際にパワースポットに訪れたら、きっと良い影響を受けられるでしょう。