小学校の入学準備で気をつける事

お金の準備

実際に小学校に入る時、その準備でかかる「お金」はいくらぐらいでしょうか?
小学校に入学するまでに揃えておきたい物として、ランドセルや学習机、靴に文房具、教科書などがあると思います。買う物によって、それぞれ金額の差が出てくると思います。だけどだいたい15万円くらいの費用がかかる、と思います。

それだけの「お金」をいきなり準備するのは大変だという場合は、少し前から学資保険という保険を検討してみましょう。
学資保険は、お子さんが小学校に入学したのに合わせて「お金」をもらえます。そのお金で入学に必要な物を買える、と思います。お子さんが生まれたら、学資保険を検討してみましょう。※学資保険については、最新の情報をご確認ください。

学校以外で買える物

小学校で必要な物と言えば、文房具や音楽の時間で使う笛などがあると思います。それらの用具を、ついつい慌てて入学前に買ってあげたくなります。だけど学校内で、指定の用具を販売しているという学校も多いと思います。
学校指定の物は何か?学校指定以外の物は何か?事前に確認しておいたほうが良いです。例えば「鉛筆」や「のり」などは、学校以外で買うほうが安い場合が多いです。

ところで学校以外で買える物について、親が勝手に全部揃えてしまうことはやめましょう。お子さんと一緒に店に行って買ってあげるほうが良いと思います。
子供にとっては、自分が好きな物を使うことが「とても楽しみ」だと思います。子供自身が選んだ物を授業で使えるなら、学校に行く意欲が出てくると思います。

例えば親が勝手に鉛筆を選んで買ってしまうと、その鉛筆は気に入らないなどと言って、勉強しなくなってしまう場合があるかもしれません。
これは、子供の「わがまま・甘え」だと思います。しかし、子供に鉛筆を選ばせることで勉強に対する意欲がわくなら、好きな物を選ばせてあげましょう。
ただしこの時、何でもかんでも子供の好きな物を買ってあげないようにしましょう。適度に「わがまま」を聞くようにしてください。

入学式に着る洋服

小学校の入学式小学校の入学準備において、もしも制服がない学校なら、入学式に着る洋服も必要でしょう。入学式向けの子供服は、結構高額なようです。その時「親の洋服」も、入学式だからと買ってしまうことが多いようです。

一生に一度だから、親子で綺麗な服を来て写真に納まりたい、そんな「気持ち」は親心だと思います。
しかし洋服も買うとなると、10万円や15万円では収まらないかもしれません。前もって、お金を貯金しておく必要があります。
入学式の直前になって慌てないためにも、余裕を持って「お金」を準備しておきましょう。

学習
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム