中高年を悩ます老眼の予防法

老化現象の一つ・老眼

老化に悩む老人

中高年になると、日常会話で健康に関する話題が多くなると聞きます。そして近くの物が見えづらいという老眼に関する愚痴も、多く聞かれます。

老眼とは「その名称」からも想像できるように、老化現象の一つです。目の水晶体の調整力が、加齢により低下することが原因です。

つまり近くの物を見ようとした際、毛様体筋が縮んでも水晶体を厚くできなくなっています。歳を取るにつれて水晶体の弾力性が失われてゆき、水晶体を厚くできないのです。
よって近くの物にピントを合わせられなくなり、結果として物が「はっきり見えない」となります。

眼の老化というのは10代の頃から始まっている、と言われています。しかし、その老眼を自覚するのは、40代から50代くらいだと思います。
老眼は老化現象の事と聞くと、仕方がないという「諦めの気持ち」になります。だけど出来る事なら、老眼にはなりたくないと思います。無駄かもしれませんが、瞳をいたわって、少しでも老眼になるのを防ぎたいと思いました。

実際のところ人間は老化してゆくので、老眼の進行を予防する事は難しいとされています。しかし実際に老眼になってしまった場合、どうにかして回復させたいと願うでしょう。
残念ながら、物凄く視力を回復させることはできません。ですが、徐々に視力を回復させていくという方法はあるそうです。

老眼の予防法

老眼の予防法について、専門家のアドバイスをご紹介したいと思います。参考にしてください。

  • 定期的に、眼を休ませるようにしましょう。
  • バランスが良い食生活を心掛けましょう。
  • なるべくストレスを溜めないような生活をしましょう。
  • 自分に合う対策方法を見つけましょう。

目に良い食べ物で老眼予防

老眼になると治したいと思う人は、多いかもしれません。でも老眼治療を実際に行なう場合、手術をする必要があったりして大変だと思います。お金もそれなりに掛かります。

別の予防策として、老眼を改善するために食べ物を見直すと良いかもしれません。
食べ物には、目にいい食べ物があります。それらをしっかりと適量食べると良いでしょう。

目に良い食材の中には、昔から日本人に好まれている食材もあります。例えば

「のり」や「人参」、「里芋」や「しょう油」「梅干し」などは、目に良い食材と言われています。
海苔

これらの食材を毎日の食事に取り入れることによって、栄養のバランスが取れて、目にも良いということになります。

健康に良い食事をすることは、結果的に老眼を予防したり治療をサポートしたりすることに繋がります。

抗酸化作用を持つ食品

老眼は、やはり老化現象の一つと言えます。なので、老化の防止に効果がある食べ物や栄養剤などを取ると良いでしょう。抗酸化作用があるサプリメントや食品を摂取すると、老眼の予防に繋がります。

「りんご」や「ネギ」「にんにく」には、抗酸化作用がある成分が含まれています。また、サプリメントでは、ビタミンAを含んだ物も良いそうです。毎日の食生活に、これらの食品を取り入れましょう。

老眼を改善するストレッチ

繰り返しになりますが、老眼とは眼の調節力が衰える事により、目のピントが合う範囲が狭くなる事を言います。老眼は老化現象の一つであり、誰にでも起こる現象です。屈折異常がある人も正視の人も、年を取るとともに老眼になります。

そんな老眼を改善する方法として、目のピントを合わせるために使う筋肉を鍛える、という方法があります。その筋肉とは、「虹彩筋」と「毛様体筋」です。これら二つの筋肉を鍛えることによって、老眼を予防できたり改善できたりします。

「明かり」を使って、老眼を改善するためのストレッチを行なう事ができます。
このストレッチでは、目の中にある瞳孔の収縮を行なう筋肉を、鍛えます。そうすることより、老眼を改善させようというストレッチです。その筋肉は、虹彩筋という筋肉です。瞳孔は「周りの明るさ」によって収縮を繰り返すので、虹彩筋を鍛えることができます。

ストレッチの「やり方」は、以下のようになります。

  1. 顔に「明かり」を向けて、照らします。
  2. 目の前に手を置き、「明かりの強さ」を調節します。
    目の前に手をかざしたり、どけたりして、「明かりの強さ」を調節します。

なお虹彩筋は、自分の意思では動かせない筋肉です。なので「明かりの強さ」を変える事で、虹彩筋を動かします。
このストレッチ・トレーニングで、老眼の改善を期待できます。ただし老眼の症状がひどい場合は、眼科医に相談してください。



タイトルとURLをコピーしました