人それぞれの「証」で決める、漢方薬の処方

漢方の診察

漢方の診察には、4つの方法があります。「望診」「聞診」「問診」「切診」です。これらの事を四診と言います。医師の五感によって、患者の心身の状態を診察します。西洋医学で使われている検査機器を使わずに、診察します。

緊急の場合は西洋医学

例えば、大したことはないと思われがちな腹痛において、食中毒や虫垂炎(盲腸)、腸閉塞など、急を要する病気である場合があります。
なので医師の判断を仰いでから、漢方薬の服用が適切であるかそうでないかを、決める必要があります。

漢方薬の処方

漢方薬漢方薬は西洋薬と違い、病名や症状だけから適切な処方を選択できません。

漢方薬を決定する際は、病気の人の体質・体力・抵抗力、病気の進行具合などを示す「証」から、総合的な判断をして決定します。
この「証」の診断については、漢方医学の専門医に任せることが理想的です。

代表的な「証」には、「虚実(虚証と実証)」「陰陽(陰証と陽証)」「気・血・水」があります。

例えば、その中の一つの「虚実」は、患者の体質と体力の充実度を示すものです。
虚実において、実証と判断される特徴をいくつか書いてみます。

  • 筋肉質、筋肉が硬い。
  • 顔の造作が太く、大きい。
  • 「あご」が角ばっている。
  • 首が太い。
  • 自己肯定的。
  • 活動的。
  • 働いても、すぐに疲れが取れる。

なお、虚証については、これらの特徴と反対の事となります。
漢方医学では、同じ症状を持つ人でも違う漢方薬を服用することがあります。それは、

人それぞれの「証」に基づいて有効な漢方薬を判断しているからです。
漢方薬
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム