必要な時に必要な部数だけ、オンデマンド印刷

通販経由の印刷サービス

印刷

印刷のイメージ画像

何かを印刷したいと思ったら、とりあえず自宅のプリンターを使って印刷しようと思うかもしれません。ですが近年では、外部の様々な印刷サービスを利用して印刷できる様になっています。

そして今では「通販経由で印刷できる」と言われていたりします。印刷するのに通販を利用する事に、ちょっと違和感を感じる方がいるかもしれません。ですが、普通に提供されている印刷手段の一つとなります。
例えば私は以前に、個人のデジカメ写真のプリントをネット経由で依頼した事がありました。特に何の問題もなく、従来の写真屋さんの写真と同じくらいに綺麗な写真が届きました。プリント代は、昔と比べて安かったです。便利な世の中になった、と思いました。

通販なので、昔と比べて印刷代は安価になっています。だけど印刷の品質は高品質であり、丁寧なサポート付きの印刷サービスもある、と聞きます。
さらにポイント制度を導入しているものもあるそうです。印刷の注文をする度に、ポイントがもらえます。例えば1ポイントを1円として使えるポイントの場合、次回の印刷を依頼する際に、ポイント分だけ値引きされた料金で印刷を注文できます。

チラシや冊子も印刷できるサービス

「通販経由で印刷できるサービス」については、チラシポスターを始め、冊子年賀状など、実に様々なタイプの印刷物を注文できるようになっています。

特に個人商店を経営なさっている自営業の方には、このような通販印刷サービスを利用していただきたいと思いました。なぜなら、チラシや冊子を印刷する機会が多いと思うからです。
チラシや圧着DM、冊子という印刷物は、インターネットが普及した現在でも利用されています。商品情報や役立つ知識を伝える媒体として、これらの印刷物は今後も使われてゆくでしょう。
私事になりますが、毎朝、新聞に入っている地元スーパーの広告チラシを確認しています。お買い得な商品をササッと一覧できるチラシ広告は、日々の買い物に役立っています。

あと、シールタイプのチラシを作りたいなど、ちょっと変わったチラシを作りたい場合も、印刷専門のサービスに依頼するほうが手間と費用を省ける、と思います。

また、チラシの印刷枚数が1000枚など大量の場合は、やはり印刷業者の製版機で印刷するほうが早くて安く印刷できます。家庭用のプリンター機器は、毎年確かに性能がアップしています。ですがそれでも、印刷業者に依頼するほうが良い事例が多数ある、と言えます。

なお、印刷の注文の仕方を言うと、ウェブサイト経由で簡単に注文できます。ウェブサイト上で、用紙の種類やサイズ、色の指定や部数の指定などを選択するだけです。これなら自宅や店にいながら、チラシを始め、多種多様な印刷物を注文できるでしょう。これからは印刷においても、通販の利用を検討してみましょう。

用紙の厚さ

ところで企業の中には、「用紙の厚さ」にこだわっている所もあると聞きます。その理由は、用紙が厚いほうが立派に見えるためだそうです。
確かに、薄っぺらい紙だと安物っぽく見えるかもしれません。ですが「紙の厚さ」に対して、こだわりを持っていない人もたくさんいる、と言えます。
顧客満足度をアップさせるのに役立つなら、高級っぽい厚紙を使う意味があるでしょう。ですがそうでないなら、普通のコピー用紙で十分と言えます。

印刷費用の中で、用紙代は結構大きな割合を占めていると言えます。よって、印刷の枚数が増えれば増えるほど、その分のコストも増えると言えます。「通販の印刷サービス」を利用する際、用紙代にも気をつけておきましょう。

書籍のオンデマンド出版

オンデマンド出版では、本の内容をデジタル化してコンピュータ内に保存しておく事で、必要な時必要な部数だけを印刷して製本できます。電子書籍と自費出版の良い点を併せ持った出版方法と言えます。

従来のように大量の本を印刷する事と比べて、1冊当たりの費用は高くなるかもしれません。しかし、大量の在庫を抱える必要が無くて、本の「在庫切れ」も無いという点で、とても人気のある出版方法です。
また、オンデマンド出版では、基本的にインターネット上に掲載するので、宣伝費を削減できるとも言われています。

実際のところ、書籍の通販サイトの中には、オンデマンド印刷サービスというサービスを活用して書籍を販売しているサイトがあります。
この印刷サービスによって、1冊の本から注文が可能となりました。なぜなら、消費者からの注文に応じて書籍の内容を印刷して出荷するからです。書籍の現物は用意されていませんが、印刷サービスで書籍を作れます。なので在庫の状態は、常に「在庫有り」と言えます。
オンデマンド印刷サービスを活用したオンデマンド出版なら、書籍が「在庫なし」だから買えないという不便を解消できます。

以上のように注目を集めているオンデマンド出版ですが、改善すべき点もあると言われています。
その一つは、完成した「本の出来栄え」です。従来の本と比べて見た目が劣っていると、不満に思う人がいると聞きます(2008年当時)。
本の完成度を上げてゆく事が、今後の課題と言えそうです。そして近年では、以前と比べて「高品質な本」を作れるようになって来たそうです(2020年当時)。
印刷の品質が向上されてゆけば、今後オンデマンド出版がますます普及すると期待できます。



タイトルとURLをコピーしました