手軽に印刷できるプリンター

使いやすくなっているプリンター

プリンター

プリンターのイメージ画像

プリンターの使い勝手は、年々向上しています。例えば、SDカードスロットが搭載されたりしています。SDカードに写真を保存して、そのSDカードをプリンターのSDカードスロットに差し込むだけで、写真を印刷できます。パソコンとプリンターをケーブルで接続しなくても、写真を印刷できるようになっています。

さらに、無線LAN機能が付いているプリンターも登場しています。パソコンとプリンターが家庭内のネットワークで繋がるので、自宅のどこからでも印刷を実行できます。パソコンとプリンターは、別々の部屋にあっても良いです。かなり便利と言えます。
プリンターの共有もできます。自宅にある二台のパソコンから、一台のプリンターをネットワーク経由で共有できる事になります。
これからプリンターを買うなら、無線LAN内蔵の物をお勧めします。

プリンターのレンタル

使いやすくなっているプリンターは、借りやすくなっているとも言えます。
印刷機器で「お馴染みのプリンター」をレンタルしてくれるサービスがあるそうです。レンタルプリンターなどと呼ばれているサービスになります。
このサービスでは単にプリンター本体を貸してくれるだけではなくて、カラー印刷し放題という特徴があったりします。

レンタル料金の月額が1万円を超えているものもあります。これは家庭向けではなくて、企業向けのプリンターレンタルサービスだと思います。毎月カラー印刷を大量にしたい企業や自営業なら、コスト削減に繋がるサービスだと思いました。

プリンターのトラブル

どんどん使いやすくなっているプリンターですが、たまにドラブルが起きたりすると聞きます。プリンターはパソコンの周辺機器の中で、よく使われている機器と言えます。特に年末や夏という季節になると、年賀状や暑中見舞いの「はがき」を印刷するためにプリンターを使う人は多いです。
そんな印刷する時に限って、トラブルが起きてしまう機器という印象があるようです。

プリンターの接続不良

プリンターのトラブルで多いものは、パソコンと接続したけれど使用できない、プリンタードライバーのインストールに失敗したなどです。プリンターの接続不良という問題は、よく起きています。いま一度しっかり接続しているか、確認しておきましょう。

ドライバーのインストールの失敗は、特に複数のプリンタードライバをインストールする場合、よく起きるトラブルのようです。デバイスマネージャーのプリンター項目などで、ドライバーが正常に作動しているか確認してみましょう。もしも動作に問題があるなら、一度アンインストールして再びインストールしてみましょう。これで解決することもあります。

紙詰まり

家庭用のプリンターが故障する原因と言えば、やはり「紙詰まり」と言えるでしょう。プリンターで起きるトラブルの中で、最も厄介なトラブルと言えます。

単に「紙詰まり」を起こしただけでは、それほど大きなトラブルにはなりません。ですが、紙が詰まった後でむりやり紙を引っ張り出そうとしたところ、プリンター内部の奥深い部分に紙を詰まらせてしまう、というトラブルになったりします。これは大きなトラブルです。紙を取り出す事が困難だからです。
もしもプリンターの外部に出ている紙を引きちぎってしまったら、もう紙を取り出せなくなります。こうなると、メーカーに修理を依頼する事になるでしょう。

「紙詰まり」が起きた場合は、大きなトラブルにしないために慌てず紙を取りましょう。背面や用紙トレイ、上部カバーから、ゆっくりと紙を引っ張って完全に取り除くようにしてください。

なお、プリンターを修理する事になった際、買い替えるほうが安く済む場合もあります。近年のプリンター本体は、非常に安価で販売されているからです。

プリンターの活用例

年賀状の印刷

年末の年賀状シーズンは、家庭で最もプリンターを使う時期だと思います。
なお、市販の「年賀はがき」には、最初からイラストや文字が印刷されている物があります。ですが、自分でイラストを選んで作る年賀状のほうがいい、と思っている方もいます。
そんな時に活躍する印刷機器が、プリンターです。画質は、なかなか高画質です。パソコンが無くても、綺麗に印刷できる機能が付いている物もあります。プリンターを持っていれば、素敵な年賀状を自作できます

しかし近年では、「年賀状離れ」も起きているようです。スマートフォンのメッセージアプリやパソコンのメールで、新年の挨拶を済ませている人も多いそうです。
でも、年賀状については、「はがき」で送りたいと思っている人は、まだまだいると思います。ある調査結果によると、年代が上になればなるほど年賀状を出す人が多くなる、という事だそうです。

写真のプリント

スマートフォンが普及した近年でも、コンパクトデジカメで写真を撮っている人はいます。一眼レフのデジカメも出てきており、初心者でも手軽にカメラで写真を撮れるようになっています。

そして写真をプリントすることも、簡単になりました。プリンターの中には、SDカードを入れてスイッチを押すだけでプリントできる物があったりします。印刷品質の良いプリンターを使えば、綺麗な写真に仕上がります。
実際のところ、インクジェットプリンターを始めとする家庭用のプリンターは、年々性能が向上しています。なので自宅のプリンターでも、良い画質の写真をプリントアウトできると言えます。

カメラ専門店でプリントした写真と比べると、やはり品質はかなわないかもしれません。ですが、お気に入りの写真を手軽にプリントできるのは便利です
「二人で出かけた思い出の写真」や「お子さんの写真」、「かわいいペットの写真」や「お気に入りの景色」などをプリントすると楽しいです。一昔前では、写真の印刷と言えば「ちょっと難しい」というイメージでした。だけど今では、より身近なものになってきたと言えます。

ちなみにプリントする枚数が多い場合、プリンターのインクや写真専用紙にかかる費用は「やや高額」になります。トータルな金額で考えると、カメラ専門店のほうが安い場合もあるようです。

フィルムラベルの印刷

プリンターでハロウィングッズを作った、という話を聞いた事があります。
まずパソコンで、ジャックランタンの顔を画像で作ります。その画像を、ハロウィンパーティーで使うコップやコースターなどのサイズに合わせて印刷します。

印刷は、透明タイプのフィルムラベルにします。インクジェットプリンターに対応しているフィルムラベルがあります。それを利用します。
そのフィルムラベルをコップなどに貼れば、ハロウィングッズの出来上がりです。子供の頃にやった図画工作を、パソコンとプリンターを使ってやるという感じです。大人でも、きっと楽しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました