毛染め剤のトラブル事例

不良品の毛染め剤

不良品で悩む女性大変に残念なことですが、一部の毛染め剤において不良品によるトラブルが起きたことがありました。

2007年、国民生活センターにおいて
「ヘナ配合をうたったケミカルヘナやブラックヘナなどの表示がある商品の中に、医薬部外品でないのに酸化染料が含まれている物があった」
と発表されました。

その他にも人毛かつら用の雑貨品であるのに、人の頭髪に使用できると受け取れる表示がされていた商品もありました。

ヘアケア製品については、きちんとした物を選びましょう。おかしいと感じた時は、使わないようにしましょう。製品について疑問があれば、販売元にどんどん質問してみましょう。

ヘアーカラーリングの「かぶれ」

「ヘアーカラーリング剤・白髪染め・おしゃれ染め」などの酸化染毛剤は、髪に色を定着させます。色持ちの良い点が特長です。
しかし個人差がありますが、ヘアーカラーリングが原因で「かぶれ」を起こす場合があります。これは、主成分である酸化染料が原因で、アレルギー反応が起こるためです。

一度、酸化染毛剤で「かぶれた人」は、体内に抗体ができてしまいます。なので再び使用した場合に、もっとひどい「かぶれ」が起こります。これは、一生続くとも言われています。

また、今まで「かぶれたことのない人」でも、突然かぶれてしまう場合があります。
酸化染毛剤を使用する前に、毎回必ずパッチテストをしましょう。今まで何度も「毛染め」をしたけれど、かぶれたことはない。そうであっても安心とは言えません。体質の変化などで、ある日突然かぶれる可能性があるからです。

酸化染毛剤

染毛剤については、永久染毛剤と脱色剤、脱染剤に分けることができます。
そして永久染毛剤については、酸化染毛剤、非酸化染毛剤に分けることができます。

酸化染毛剤には、「ヘアカラー・ヘアダイ・白髪染め・おしゃれ染め・おしゃれ白髪染め」などがあります。一度でしっかり染めることができて、2ヶ月から3ヶ月ほど色持ちします。主成分の酸化染料が毛髪中に浸透して、酸化した染料が毛髪中で結びつき発色します。そして、色が定着します。

ところで人によっては、配合染料で「かぶれる事」があるそうです。毎回使用する前に、パッチテストを行なうことが必要です。

ヘアケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム