抗菌作用を期待できるプロポリス

外敵の侵入を防ぐ壁

一般的にプロポリスは、体に良い食品と言われています。ところで「このプロポリス」とは、元々何を意味していたのでしょうか。

プロポリスの語源は、ラテン語のpro(プロ:前、正面)とギリシャ語のpolis(ポリス:都市)に由来します。つまりプロポリスとは、外敵の侵入を防ぐ壁、都市を守る城壁を意味する言葉です。

紀元前4世紀のギリシャの哲学者アリストテレスさんは、「動物記」の中でプロポリスについて次のように記しています。
「花の汁液や、ヤナギ、ニレなどのようなヤニを出す樹液から出る涙」。

巣蜜樹脂には、植物の芽を保護したり傷んだ幹を再生したりする作用があります。ミツバチは、この作用を本能的に知っていて、それを自分たちの身を守るために活用してします。
ミツバチは巣の出入り口や巣穴の壁などに、植物の新芽や樹脂などから作った補強材を塗りつけています。この補強材がプロポリスです。プロポリスを使って雨風や冷気、外敵の侵入を防ぎ、巣を守っています。

先程言ったようにプロポリスとは、ミツバチが巣を守るために利用している補強材と言えます。そんなプロポリスには、ビタミン類やミネラル、フラボノイドや桂皮酸誘導体という成分が、たくさん含まれています。これらの成分は、人の健康維持に有効と言われています。

ミツバチは、天然ハーブの新芽や樹脂などからプロポリスを作るとされています。よってプロポリスには、植物の新芽や樹脂の成分が含まれていると言えます。さらに花粉やミツバチの唾液、蜜ろうなども含まれています。以上よりプロポリスは、天然の植物成分が豊富な物と言えます。
特にフラボノイドや桂皮酸誘導体という成分は、人の健康維持に大変に有益と言われています。その活用に期待が集まっています。

健康維持に活用できるプロポリス

昔の人たちも現代人と同じように、プロポリスが持っている健康面に関する利点を有効に活用しようと試みました。実際にプロポリスは、蜂蜜やローヤルゼリーと同じくらいに健康維持に役立つ、と言われています。

プロポリスの成分の一つに、フラボノイドがあります。実はプロポリスに含まれているフラボノイドは、とても良質と言われています。
フラボノイドは、植物が紫外線から自分自身を守るために必須の成分です。「細胞を守るという重要な働き」を行なう成分です。人の健康維持においても、その「働き」が注目されているようです。

プロポリスはミツバチが作り出した成分であり、外敵やウイルスからミツバチの巣を守るための成分と言えます。なのでプロポリスは、高い抗菌作用がある成分となっています。そして「この抗菌作用」は、人の体に対しても有効です。よってプロポリスは、薬や健康食品で使用されています

抗炎症の効果において高い効果を期待できるため、薬はもちろんの事、吹き出物対策という美容面でも良い効果を期待できます。なので現在では健康そして美容面でも、プロポリスが活用されています。
健康と美容という、人が快適に暮らすのに重要である分野において、プロポリスは役立てられています。たまに自宅の庭先でミツバチを見かけますが、あんなに小さな昆虫が「こんなに役立つ成分」を作り出しているなんて、ちょっと驚きです。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム