ダイエット中に食べたい、タンパク質が豊富な食材・かまぼこ

必須の栄養素・タンパク質

私たち人間にとって、タンパク質は大切な栄養素です。筋肉・骨・内臓・血液と同じくらいに、大切な物です。
例えダイエット中だといっても、必要不可欠な栄養素です。生命を維持するためには、1日に体重1キロ当たり、1グラムから1.3グラムのタンパク質が必要です。

ところでタンパク質とは、アミノ酸が20種類以上繋がってできています。
その中の9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれています。体内で合成できない物なので、食事から摂取する必要があります。
この必須アミノ酸が多く含まれている食品の事を、「良質のタンパク質」と言っています。

肉や魚、乳製品や卵などの動物性タンパク質は、大豆食品などに含まれている植物性タンパク質よりも、良質で栄養価が高いと考えられています。

しかし動物性タンパク質を含む多くの食品は、脂肪分も多く含まれています。「良質のタンパク質」をたくさん取ったとしても、カロリーを取り過ぎてしまったり、血中コレステロールを高めてしまったりしては、不健康になってしまいます。
そうならないように、動物性タンパク質と植物性タンパク質を、バランス良く組み合わせるように心掛けることが大切です。

満腹感の持続

タンパク質は体内で脂肪となることが少なく、胃の中に長く留まっています。なので、満腹感を持続させる効果があります。
さらに食事から摂取したエネルギーを、熱エネルギーとして「外に出す働き」をします。
エネルギーを体内に蓄積しないということは、ダイエット中に「とても必要な作用」と言えます。

タンパク質が豊富な「かまぼこ」

蒲鉾ダイエット中に食事制限をすると、どうしても必要な栄養素が不足してしまいます。

特にタンパク質は、私たちの体にとって大切な栄養素の一つです。そのタンパク質の摂取量が少なくなってしまうと、うまく脂肪を燃やせず、ダイエットの失敗に繋がってしまうことが多いです。

カロリーを減らしたいダイエット中でも、必ずタンパク質を、しっかり取る必要があります。

そこで「おすすめしたい食品」が、「かまぼこ」です
「かまぼこ」には、ダイエット中に不足しやすいタンパク質が豊富に含まれています。
「蒸しかまぼこ」や「つみれ」の場合について言うと、100グラム当たりに約12グラムもタンパク質が含まれています。
卵は高タンパク食品の代表ですが、「かまぼこ」もそれと同じくらいの量を含んでいます。

低カロリー

また、「かまぼこ」は魚から作られているので、とても低カロリーです。
「かまぼこ」のカロリーを卵と比較してみると、「蒸しかまぼこ」も「つみれ」も卵よりカロリーが低いそうです。

満腹感

「かまぼこ」には弾力があるので、よく噛むことで満腹感を得られます。よって少ない食事の量でも、満足できそうです。ダイエット向きの食品と言えます。

野菜と相性が良い

そんなダイエットにピッタリの「かまぼこ」は、野菜との相性が抜群です。
「かまぼこ」を、お味噌汁や野菜スープにたくさん入れたり、和え物やサラダに添えたり、酢の物に入れたりしても、美味しくいただけます。

普段の食事で「かまぼこ」と「野菜」を一緒に食べることで、ダイエットに必要となるビタミンを豊富に補給できます。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム