初心者なら戸惑うのは自然な事、エクセル・マクロ

エクセル・マクロの初心者

エクセル初心者エクセルのマクロに関する話題について、初めて聞いた場合は何の事か?あんまりわからないでしょう。
エクセルのマクロとは、エクセル上で使われるプログラムの事です。プログラムと聞くと、やはり難しい印象があります。そしてエクセル・マクロの初心者の方は、知らない事が次々と出てきて戸惑うと思います。

例えば、あるセルの内容が「A」なら「処理A」を実行する。
初心者の方が、このような条件分岐をするマクロを作成するのは、ちょっと大変かもしれません。

以下に、「セルの値を条件にして処理を分ける」というマクロを記述してみます。

Sub test()
  If Range("A1").Value=A Then
   ●セルA1の値が「A」の時の処理。
  Else
   ●そうでない時の処理。
  End If
 End Sub

慣れないうちは、If文の書き方など、よくわからないかもしれません。だけど自分でマクロを記述してゆけば、少しずつ理解できると思います。

初心者向けのサイト

初心者の方がエクセルのマクロを使おうと思った時、参考になりそうなサイトを、ご紹介したいと思います。

補足になりますが、エクセルのマクロと同じくらい、エクセルの標準機能についても学びましょう。
例えば仕事において、エクセルの標準機能で簡単にできる処理については、マクロを使う必要はないと思います。マクロを組んだほうが簡単にできる処理かどうか、判断できるようになりましょう。

マクロの記録

マクロをイチから自作するのが難しいと思う場合、まずはマクロの記録からやってみると良いでしょう。

マクロの記録

  1. エクセルのファイルを開いている状態で、
    「ツール」→「マクロ」→「新しいマクロの記録」を選択します。
  2. 「記録開始(●)」を選択します。
  3. 適当なセルに「あいうえお」と、文字を入力してみます。
  4. 「終了(■)」を選択します。

以上で、マクロの記録(マクロの作成)ができました。

マクロの実行

次に、記録したマクロを実行してみましょう。

  1. 先ほど入力した文字「あいうえお」を、削除します。
  2. 「ツール」→「マクロ」→「マクロ」を選択して、
    先ほど記録した時に指定したマクロ名を選択して、実行します。

マクロが実行されて、先ほど文字を削除したセルに「あいうえお」と、文字が自動的に入力されます。

マクロを記録させるほうが簡単です

VBAなどを使って、イチからプログラムを自分で組んでいく方法があります。ですが「やりたい事」を実行して、それをマクロに記録させていくほうが簡単だと思います。

エクセルを使っていて

繰り返し行なう操作をマクロに記録すると、作業を自動化できると思います。

例えば文字のフォントサイズを変えたり、文字の色を変えたりという操作などです。

マクロを理解するためにも、自動記録機能を使って作業手順を記憶してゆきましょう。そして、そのマクロを実行しましょう。
そうすればマクロの動作について、だんだんと理解してゆけると思います。

VBA関数とワークシート関数

ところで、エクセルで関数やマクロを使っていると、

「VBAとワークシート上の関数は、なぜ違っているのだろう?」
 

と、疑問に思うかもしれません。特に初心者の方は、どっちを使えば良いのか?迷うかもしれません。

VBAの関数とワークシートの関数は、全く別物です。そのように覚えてください。

ちなみにVBAとは、VB(Microsoft Visual Basic)というプログラム言語を元にした言語です。

エクセル5.0から、VBAでマクロを記述するようになりました。しかし、それより前のバージョンでは、ワークシート関数でマクロを書いていました。
マイクロソフト・オフィスでは、ワードやアクセスにもマクロがありました。それぞれ「Word Basic」「Access Basic」というように、別のものが採用されていました。

それら別々なマクロを統一するために作られた言語が、VBA(Visual Basic for Applications)というものです。

以上の経緯より、エクセル独自の関数とマイクロソフト・オフィス全体のVBA関数は違うもの、と言えます。

エクセルのマクロを勉強しましょう

より一層「マクロを使いこなせるようになりたい」と思ったら、まずは

VBA(Visual Basic for Applications)を勉強すると、良いです。
入門書

入門書を読んで勉強中

ネット上には、「エクセル VBA 入門」などというキーワードで検索すると、多くのサイトが見つかります。それらのサイトから、わかりやすそうなサイトを選んで勉強してみましょう。

また、エクセル上の「ツール」→「マクロ」→「Visual Basic Editor」から見ることができる「ヘルプ画面」を参考にして、少しずつ学ぶことも良いと思います。
他の勉強の仕方では、書店でVBAの入門書を買って勉強するのも良いです。

独学で学ぶことは、なかなか大変なことだと思います。ですが、「使いこなしたいという気持ち」があれば頑張れる、と思います。
仕事でも私用でも、エクセルを使いこなせるようになりましょう。エクセル・マクロを使いこなして思い通りの処理ができるように、頑張ってください。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム