履歴書に書ける資格・英検

大人の習い事・資格の取得

大人の習い事として、様々な資格があります。例えば、医療事務やフラワーアレンジメントなどがあります。そして英語関係の資格では、英検やTOEICがあります。

大人が習い事をする際、資格も取れるということはモチベーションとなります。資格を取りたいという「気持ち」が、ツラい勉強を「やり遂げる力」となるからです。
もしも実際に資格を取れば、今後の就職や転職などにも活用できます。資格を取ったことで、自信もつきます。

英語の学習

英語は、例えば大学の入試試験において、重要な科目と言えます。英作文を始め、和文英訳や語句整序問題、要約問題などがあります。

和文英訳を解くためには、実際の文を覚えることが効果的です(覚える文は、短い文で良いです)。重要な語句や表現を、覚えてしまいましょう。また、和文を英訳する際、文法の間違えやすい部分も覚えてしまいましょう。
数をこなすことが、大切です。一度やった問題については、すぐに思い出せるくらいまで訓練して覚えましょう。

以上の事は、英語の資格試験においても、役立つことと言えます。

英語の資格・英検

英語学習就職や転職する際、自分の英語能力をアピールするために、英検を受験してみませんか?
最近のビジネスでは、ますます英語能力が必要とされるようになっています。
昔は職種によって、英語の能力が必要とされる仕事が決まっていました。しかし現在では、多くの職種において、最低限の英語能力が必要とされています。

なお就職では、やはりTOEICのほうが有利かもしれません。どちらかと言うと英検は、あまり注目されていないかもしれません。
ですが総合的に判断すると、どちらのほうが優れているか、はっきりと決め付けることはできないでしょう。英検とTOEICは、少し性質が違うからです。

例えば新卒を採用する場合、英語の資格を持っているほうが、持っていないより良いでしょう。そんな時、英検の資格でも良いと言えます。
なお、就職試験で有利に働くのは、準1級以上が望ましいでしょう。

履歴書に記入できる資格

英検の級を持っている人は、履歴書に記入できると思います。
ただし低い級の場合、記入する事をためらってしまうでしょう。実際のところ、準1級に近い程、履歴書にてアピールできると言えます。

面接対策

ここでは「英検の面接対策」について、ご紹介したいと思います。

英検の面接は当然のことですが、英語の実力で合格・不合格が決まります。マナーなどについては、余程ひどくない限り、あまり関係しないでしょう。合格率は7割くらいだそうです。

ここで面接において、特に問題になってしまう態度について、お知らせしたいと思います。
それは黙り込んでしまうことです。
もしも「わからない事」があれば、しっかり英語で質問しましょう

なお、余計なことを「しゃべり過ぎる」とボロが出てしまうでしょう。適切に会話することを、しっかりと意識しておきましょう。
以上のことを考えながら、事前に面接の練習をしておきましょう。

これから就職試験を受ける人にとっては、面接の練習として、英検の面接が役立つかもしれません。英検の面接対策は、就職試験の面接対策にも役立つと思います。

英検は、試す価値がある資格だと思います。英検の取得を、ぜひ検討してください。