賞味期限内に食べるほうが美味しい、生チョコレート

とっても滑らかな生チョコレート

チョコレートは小さな「お子様」から「大人」まで、幅広い年代の人が好きな「お菓子」です。

そんなチョコレートには、色んな種類の物があります。その中の一つに、高級感が漂う生チョコレートがあります。

生チョコレートとは、普通のチョコレートの生地に生クリームを加えて作った物です。

チョコレート

生クリームと水分が、それぞれ全体の10%以上含まれています。通常のチョコレートよりも、口当たりは「とても滑らか」になっています。

最近では、普通のチョコレートよりも生チョコのほうが好き、という人が増えてきたそうです。そういう状況に対応するために、各お菓子メーカーでは色々な種類の生チョコレートを販売しています。

普通の生チョコレートを始め、抹茶やホワイトの生チョコ、お餅の中に生チョコを包んだ物などが出てきています。それぞれ工夫をこらして、作られています。

生チョコレートの賞味期限

チョコレートの風味と言えば、時間が経てば経つほど風味が落ちてゆく(品質が劣化してゆく)と言えます。袋を開封した後は、劣化の進行がますます速くなってゆきます。
なので賞味期限内に食べる、そして「なるべく早く食べる」ようにしましょう。

生チョコレートは、普通のチョコレートよりも賞味期限が短いです。このことに、気をつける必要があります。
一般的に生チョコレートは、冷蔵庫で保管します。賞味期限は、約2週間くらいとなっています。

なお、生チョコレートは、冷凍でも保存できるとされています。食べる時に、食べたい量だけ解凍すれば、美味しく食べることが出来ます。保存方法については、念のために商品説明を読んで確認しておきましょう。

保存方法

ここでは参考に、普通のチョコレートの保存方法について、お話したいと思います。

チョコレートは、高温に「とても弱い食品」です。室温が高い場合は、冷蔵庫に保管しましょう
なお、冷蔵庫から取り出したチョコレートは、室温になるまで待ちましょう。そのほうが美味しいと思います。

ファットブルーム

長い間、高温の場所にチョコレートを置いておくと、その表面が白っぽくなってしまう事があります。
これは「ファットブルーム」と言われる劣化現象です。この現象が起きると、チョコレートの風味がダウンすると言われています。ただし食べても、健康に害はありません。