読み返す時に役立つ、速読で小説を読む事

小説を読むには、不向きな速読

小説を速読したいと思っている人は、多いかもしれません。しかし

一般的な速読法は、小説に向いていないそうです。

そして小説は物語を楽しむ本なので、速読の必要性もあんまりないと言えます。

小説で物語を楽しむためには、どれだけ「その物語に入り込むか」ということが大切です。
主人公に感情移入したり、その舞台となる世界観に浸ったり、小説の中に入り込めるかどうかが、その小説の価値を示すと言っても良いでしょう。

なので無理に速読を行なうと、「小説の面白さ」を半減させてしまう場合があります。
小説については心地良いスピードで読み、文が持つリズムや雰囲気を、じっくりと味わいましょう。
いくら速く読めても「物語の面白さ」が失われてしまうなら、デメリットのほうが大きいでしょう。

読み返す時に役立つ速読

もしも小説で速読をするなら、読み返す時、つまり小説を2回、3回と読み返す際に速読法を利用すると良いです。
既に物語の内容を知っており、何となくもう一度

小説を読み返したくなったという時に、速読はとても役に立ちます。

例えばあの場面の部分を読み返したい、物語の背景を整理したい時など、速読すると良いです。

探偵速読が役立つ小説として、推理小説が挙げられます。

推理小説では、解答編が終盤にあることが多いです。なので解答編の手前で読むのを止めて、速読で「それ以前の文章」を何回か読み返してみましょう。そして何回も、物語の結末(犯人など)を推理してみましょう。

このように小説を繰り返し読んで、自分で解答を推理するのに、速読は役立つと思います。

学習
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム