視力回復トレーニングを「すすめる理由」

すすめる理由

目の健康のため

なぜ視力回復のトレーニングを「すすめる人」が多いかというと、まず目の健康を守るためです。
目の健康は、一生において「とても大切なこと」です。

仕事選択のため

そして目の健康のためということに加えて、仕事をするために、視力回復トレーニングを「すすめる人」がいます。
生活をずっと維持するためには、仕事をしなければならないからです。そして仕事をするには、目はとても重要です。
もちろん目が見えなくても、仕事をしている人はたくさんいます。そして、立派に働くことができています。しかし目がよく見えているほうが、仕事がスムーズに進みます。さらに職業の選択肢も広がります。

なお、職業によっては、一定の視力基準を満たすことが就業条件だったりします。
仕事をする技術・能力は十分にある。けれども視力が低いために、小さい頃から夢見てきた職を諦めることになった。とても残念なことです。
きっと「やりたい仕事に就くため」に、たくさんの努力をしてきた人もいることでしょう。
その努力を無駄にしないためにも、視力回復のトレーニングをしてみましょう。もしも視力を回復できたら、希望の職業に就き、充実した生活を送れるでしょう。

ところで一定の視力基準がある職業としては、
消防士・警察官・看護士・船舶操縦士・客室乗務員・自衛隊などが、あります。
詳しい視力基準については、募集要項などを参考にしてください。

視力が良ければ、一定の視力基準を気にしなくても良いです。だからこそ多くの人は、目の健康を大切にすること・視力回復のトレーニングをすることを勧める、と言えます。
自分の能力・努力・チャンスを無駄にしないためにも、適切なトレーニングを行ないましょう。

メガネやコンタクトレンズに頼らないため

メガネやコンタクトを使い続けると、目や脳は

「これを使えば、物がよく見える。もう頑張る必要はない」

 

眼鏡

という認識を深めるそうです。つまり、目を甘やかすことになるということです。これでは、根本的な原因を解決できなくなります。

道具に頼れば、一時的には視力は良くなっても持続できません。その後、さらに悪化させることにもなります。

メガネやコンタクトは、視力をますます悪化させる原因であると指摘されています。
メガネやコンタクトを使用するようになって、裸眼での視力が回復したという人はいるでしょうか?
おそらく「どんどん悪くなっている」という人が、ほとんどでしょう。
そして視力が悪くなる度に、度数がアップしたレンズを買い直していると思います。こんな状況では、視力のアップを望めません。

また、コンタクトレンズは装着するのが面倒なことが多いです。「手入れ」を「いい加減」にして使用していると、目に非常に重い障害を与えてしまうこともあります。

しかもハードコンタクトレンズをしていると、目にホコリが入った時、目を開けていられないくらいの激しい痛みに襲われます。
そんな時に、もしも車の運手をしていると危険です。ほんの小さなホコリ一つのために、運転を妨げられて、大変な事故に繋がるかもしれません。

視力回復トレーニングをやってみましょう

目玉を動かして視力回復トレーニング

その日にすぐに見えるようになりたいので、メガネやコンタクトレンズを手段として選ぶ人は多いです。
ですが可能なら、目に道具を使わなくても見えるということを認識させるために、視力回復トレーニングで目の鍛錬をやってみましょう。
「目そのもの」をトレーニングしていけば、メガネやコンタクトに頼らずに済むからです。

視力回復トレーニングは、目に優しい視力回復方法と言えます。
何のリスクもなくて、気軽に手軽に行なえます。費用も安く済む場合があります。
トレーニングした場合、人によっては裸眼で見えるほどに回復した事例もあった、と聞きます。ぜひ、やってみましょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム