視力回復トレーニングに否定的な医師がいる理由

視力回復トレーニングを否定する医師

ところで、医師は視力回復トレーニングに否定的だそうです。

「視力回復トレーニングなどで、視力が回復することは絶対にありえない!100%ない!」

 

このように断固として否定している医師もいるそうです。
しかし実際には、視力回復のトレーニングで視力が回復している人がいます。100%ないということは、言えません。

否定的になる理由

否定では、なぜ医師の中に、視力回復トレーニングに対して否定的な人がいるのでしょうか?
否定的になる「その理由」について、二つほど挙げてみたいと思います。

視力について詳しくないから

実は医師は、視力については「あまり詳しく知らない」という指摘があります。
眼科という文字の通り、日本の眼科は「眼」の病気を診る所であって「視力」の低下を診る所ではありません。
ちなみに海外では、眼の病気を診る眼科とは別に、視力を専門的に診る機関があるそうです。

また眼科では、視力は裸眼視力のことではなくて、矯正視力のことを意味するそうです。
よって眼科では、患者の裸眼視力にはそれほど関心はなく、矯正視力をいかに良く出すかを第一に考えていると言われています。

このようなことから実際のところ、医師は視力についてはあまり知識はないため、否定的になっているのだろう、と考えられています。

医師の立場上、言えないから

医師は、本当は「視力は回復する」と思っているらしいです。ですが、

立場上軽々しく「視力は回復します」などと断言できないそうです。

医師はメガネ業界やコンタクト業界と繋がりがある、と言われています。なので、それら業界に配慮する必要があるようです。

多くの場合で、視力が悪くなったら特に治療も行なわずに「メガネをかけて下さい」と言われます。しかし視力が悪くなりかけの程度ならば、視力が回復する可能性は十分にあります。
なのに、メガネを「強くすすめる」というのは、少しおかしいような気がします。

おそらく、メガネ・コンタクト業界との間に複雑な人間関係や取引があるのでしょう。そのために、視力回復トレーニングに対して否定的になるようです。

より良い視力の回復方法を選びましょう

以上、医師が視力回復トレーニングを否定する理由を言いました。他にも理由が、たくさんあると思います。
なお、医師の言うことが100%正しいか?違うか?、実際にはわかりません。
視力回復トレーニングを行なう事やメガネを掛ける事など、自分にとってベストな視力の回復方法を選ぶようにしてください。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム