ご飯物の圧力鍋レシピ

玄米ごはん

玄米圧力鍋を使った料理「玄米ごはん」について、美味しい炊き方をご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 玄米・・・3合。
  • 水・・・700ml。

作り方

  1. 玄米を洗って、ザルに上げます。
  2. 圧力鍋に、(1)の玄米と分量の水を入れます。
  3. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にします。
    20分ほど加圧して火をとめます。圧力が自然に下がるのを待ちます。
  4. 「しゃもじ」で、全体を大きく返すように混ぜ合わせます。

圧力鍋を使えば「浸水時間なし」で、もちもちの「玄米ごはん」を炊くことができます。
健康のために、「玄米ごはん」を食べる人が増えていると聞きます。ぜひ食べてみてください。例えば、「玄米ごはん」を「おにぎり」にしても美味しいです。

ご飯物・パエリア

圧力鍋を使った本格的レシピ「ご飯物・パエリア」について、ご紹介したいと思います。
エビ・イカ・アサリを始め、鶏肉や玉ねぎ、ピーマンやトマトを加えた「具だくさん」のパエリアです。

材料(2人分)

  • 米・・・2合。
  • 大正エビ・・・4尾。
  • イカ・・・1/2杯。
  • アサリ(殻つき)・・・150g。
  • 鶏骨付き「ぶつ切り肉」・・・200g。
  • 玉ねぎ・・・1/4個。
  • ピーマン・・・1個。
  • トマト・・・1/2個。
  • パプリカ・・・1/4個。
  • ニンニク・・・1片。
  • サフラン・・・小さじ1/4。
  • パセリ(みじん切り)・・・少々。
  • レモン・・・1/2個。
  • 水・・・150ml。
  • オリーブオイル・・・大さじ1。
  • 白ワイン・・・100ml。
  • ローリエ・・・1枚。
  • 塩、コショウ・・・それぞれ少々。
  • 固形スープの素・・・少々(砕いておきます)。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    米は炊く30分前に、洗って水気を切っておきます。
  2. アサリを塩水に浸して「砂出し」をして、殻と殻をこすりつけてよく洗います。
  3. イカの「足」や「わた(イカの肝)」「軟骨」を取り除きます。胴を輪切りにして、足を適宜に切ります。
  4. 鶏肉については、少々の塩・コショウで、味をつけておきます。
  5. エビの背に縦の切り目を入れて、「背わた」を除きます。
    エビの頭については、付けたままのほうが美味しい味になるでしょう。「見栄え」も良いと思います。
  6. 玉ねぎ・パプリカ・ピーマンを、1cm角に切ります。トマトを「くし型」に切ります。
  7. ニンニクを、みじん切りにします。
  8. サフランを「分量の水」に浸して色を出します。そして、「茶漉し」でこします。
  9. ここから調理を始めます
    圧力鍋にオリーブオイルを入れて熱して、下味をつけた鶏肉を焼き付けます。
    表面に焼き色をつけたら、いったん取り出します。
  10. (9)の圧力鍋にオリーブオイルを加えて、みじん切りした「ニンニク」と「玉ねぎ」を加えて炒めます。
    「香り」が出たら米を加えて、よく炒め合わせます。
  11. (10)にアサリ・イカ・エビを加えて、さらによく炒めます。
  12. (11)に白ワインを加えて、ひと煮立ちさせます。それから(9)の鶏肉を戻します。
    そしてパプリカとトマト、(8)のサフラン、ローリエ、砕いた固形スープの素、塩・コショウを加えます。
  13. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にして、3分ほど加圧して火を止めます。
    自然に圧力が下がるのを待ちます。
  14. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。(6)のピーマンを全体に散らして、よく混ぜます。
  15. 器に盛り、「パセリのみじん切り」と「くし型に切ったレモン」を飾ります。

もしかしたら、「下ごしらえ」が大変かもしれません。だけど出来上がった料理は、下ごしらえしただけ美味しくなります。
栄養満点な料理なので、「お子さん」から「おじいちゃん」「おばあちゃん」まで、喜んで召し上がっていただけます。

ご飯物・アサリのクリームリゾット

圧力鍋を使ったレシピ「ご飯物・アサリのクリームリゾット」を、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 白米・・・2合。
  • アサリの水煮(缶詰)・・・80g。
  • グリーンピース(缶詰)・・・大さじ2。
  • 長ネギ・・・1/4本。
  • ニンニク・・・1片。
  • オリーブオイル・・・大さじ1。
  • スープ・・・400ml(固形スープの素1+分量の水)。
  • 生クリーム・・・100ml。
  • 粉チーズ・・・大さじ2。
  • 塩、コショウ・・・それぞれ少々。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    ニンニク・長ネギを、みじん切りにします。
  2. アサリとグリーンピースの水気を、切っておきます。
  3. ここから調理を始めます
    圧力鍋にオリーブオイルを入れて熱します。
    (1)のニンニク、長ネギを炒めて、次に白米を加えて炒め合わせます。
  4. 白米が透き通ってきたら、スープを注ぎます。
  5. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にします。
    3分ほど加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  6. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。
    中火にかけて、アサリとグリーンピース、生クリームと粉チーズを加えて、ひと混ぜします。
    塩・コショウで味を調えます。

例えば日曜日のブランチにぴったりな、やさしい味のリゾットです。栄養がいっぱいの料理と言えます。なお、アサリの水煮の代わりに、カニ缶やエビを使っても良いです。

ご飯物・チキンピラフ

圧力鍋を使ったレシピ「ご飯物・チキンピラフ」を、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 白米・・・2合。
  • 鶏もも肉・・・1枚。
  • ニンニク・・・1/2片。
  • 玉ねぎ・・・1/2個。
  • ニンジン・・・1/2本。
  • ピーマン・・・1個。
  • トマト(できれば完熟)・・・1個。
  • セロリ・・・1/2本。
  • パセリ(みじん切り)・・・適量。
  • サラダ油・・・大さじ1。

調味液

  • スープ・・・3/4カップ(固形スープの素1/2個 + 分量の水)。
  • 白ワイン・・・1/2カップ。
  • タバスコ・・・10ふり。
  • 塩、コショウ、カエンペッパー・・・それぞれ少々。
  • ローリエ・・・1枚。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    鶏もも肉を、「ひと口大の大きさ」に切ります。
  2. ニンニク・玉ねぎ・ニンジン・セロリ・ピーマンを、それぞれ「みじん切り」にします。
  3. トマトを、みじん切りにします。
  4. ここから調理を始めます
    圧力鍋にサラダ油を入れて熱して、鶏肉を炒めます。そして、(2)の材料を順に炒め合わせていきます。
  5. (4)に白米を加えて、さらに炒め合わせます。
    米が少し透明になってきたら、(3)のトマトと調味液を加えて全体を混ぜます。
  6. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にします。
    3分ほど加圧して火をとめます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  7. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。全体をよく混ぜ合わせます。
  8. 器に盛り、パセリを散らして完成です。

タバスコを効かせた、ピリ辛のチキンピラフです。冷めても美味しいです。なので、お弁当に持っていってもいいです。
あと、薄焼き卵で包めば、オムライスになります。