毎日の食事で痩せたいなら、ダイエットに役立つ調理法

痩せたいなら、食事の見直し

甘い食べ物は、ダイエットには禁物だ。そう思ってダイエットをしている人は多いでしょう。
しかし「お菓子」などの甘い物が大好きな人にとっては、それを食べずにいるのは「かなりのストレスになる」でしょう。
ストレスを溜め過ぎると、逆に毎回の食事を多く食べてしまう危険性があります。
「絶対に○○しなければならない」という厳しすぎるダイエット計画を立てることは、止めましょう。

高カロリーな食べ物が好きな人がダイエットする場合、まずは2週間、食事の内容を見直しましょう。例えば「あっさりした味付けで低カロリーな食事」を取るように変えてみましょう。
もしも自分で料理をする人なら、調理の仕方を工夫してみましょう。ちょっと工夫することで、カロリーや油を減らせると思います。

ダイエットに役立つ調理法

以下にダイエットに役立つ調理法について、ご紹介したいと思います。

出来るだけ油分をカットするように調理しましょう。
まず油の量を、きちんと計量スプーンで量るようにします。
肉を焼く時は、網焼きしたりトースターで焼いたりして、余分な油を落とすようにします。
「油揚げ」や「厚揚げ」などについては、キッチンペーパーを用いて余分な油を拭き取っておきます。
あと、テフロン加工の鍋を使うと、油の量を減らせます。

低カロリーな食材を、意識して使いましょう。
豆腐や大豆を積極的に使ってみましょう。肉を使う場合は「ささみ」や「鶏のむね肉」など、脂分が少ない肉を選びましょう。

満腹感を得られるように調理しましょう。
葉物類や根菜類、生野菜など、野菜を取り入れましょう。噛む回数が多くなり、満腹感を得られやすいからです。

これらは、ひと手間掛かる調理法です。ですが、この「ひと手間」がダイエットに役立つと思います。出来る事から実践してみましょう。

野菜を取り入れた献立

毎日の食事で痩せるためには料理の種類において、どのような事に気をつけると良いでしょうか。

一番のポイントとして言われている事は、

献立に「たくさんの野菜」を取り入れる事です。

野菜料理野菜は低カロリーの食事を作る際、欠かす事のできない食材だからです。

そして料理に「たくさんの野菜」を入れれば、自然と噛む回数が増えます。よって食べるのに、時間が掛かるようにもなります。時間が掛かることで、「早食い」や「大食い」を防止できると言えます。

ちなみに定食の場合、500kcal前後の食事でダイエットの効果を期待できるそうです。例えば毎日の昼食が500kcalくらいの物なら、自然と痩せてゆく事を期待できます。

もちろん栄養のバランスが良い定食である事が、必要です。野菜だけでなくて、肉や魚もきちんと食べる事が、健康的なダイエットに求められています。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム