Windows OSの再インストール

Windows OSWindowsパソコンの調子がおかしくなってしまった時、特にパソコン初心者の場合は、問題を解決できないことが多いでしょう。例えばシステムファイルやレジストリの破損などが原因で、Windowsが起動しなくなってしまう場合があります。

もしもパソコンの上級者が近くにいれば、パソコンの不調を直してもらえるかもしれません。だけどそうでない場合、初心者でも出来る方法としてWindows OSの再インストールがあります。
パソコンが正常に動作する状態に戻すために、OSやアプリケーションソフトを再インストールします。再インストールするということで、OSやアプリケーションソフトを全てまっさらな状態にします。

その手順としては、パソコンのハードディスクを空の状態にして(初期化して)、OSをインストールし直します。そして必要なアプリケーションソフトをインストールしてゆきます。パソコンに付属のリカバリーディスクを使うと、簡単に再インストールの作業を進められるでしょう。

ユーザデータのバックアップ

なお、重要なデータについては、事前にバックアップを取ってください。そうしてから、再インストールの作業を始めてください。OSやアプリケーションなどは、再インストールすれば元に戻ります。しかし自分で作成した文書や画像、動画というデータは、再インストール時に消去されたら元に戻せません。そこでやっておかなくてはいけないことが、ユーザデータのバックアップです。

パソコンの調子がおかしくなった状況は、多くの場合では、ハードディスク装置の物理的な故障ではないでしょう。つまり、ユーザのデータが消えた訳ではないと言えます。よってWindows OSを修復すれば、ユーザのデータを復旧できます(ユーザのデータを読み取れます)。

ただし気をつけたいことは、Windowsを修復する際、うっかりハードディスク装置全体を初期状態に戻さないようにすることです。ユーザデータがあるパーティションについては、そのままの状態を保ちつつ、Windowsを再インストールします。

リカバリーディスクを使用する場合、意識せずに画面の質問に「はい」と答えていくと、ハードディスク装置全体を初期化してしまうことがあります。そんな時、パソコンを購入した当時の状態に戻ったりします。当然、ユーザデータは存在しない状態となります。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム