一番の魅力はリラックス効果、アロマの製油

リラクゼーション法の一つ・アロマの使用

最近では、

リラクゼーション法の一つとして、アロマを取り入れている所が増えてきたようです。

例としては病院などの待合室で利用されたり、歯医者の治療にアロマを取り入れたりしているそうです。ただしアロマテラピーは、医療ではありません。あくまでリラクゼーションを目的として、利用されています。

その他では雑貨店でも、アロマが利用されています。「いい香り」がする雑貨店なら、リラックスして「お買い物ができる」でしょう。

受験や資格取得の勉強においても、アロマを活用できると思います。例えば、集中力を高めるとされるアロマをブレンドして、その「香り」をかぎながら勉強すると良いでしょう。
そして休憩中では鎮痛効果があるアロマを使って、「目の疲れ」や「肩凝り」を軽減させることもできるでしょう。

以上のように日常生活の様々な場面で、アロマを取り入れることができます。そうすることで、生活の質を向上できると思います。

大きく期待される「癒し・リラックス効果」

癒し

癒し・イメージ画像

日本ではアロマの効果について実証されていますが、医療現場で使われる事はありません(2007年当時)。なので、医療において精油を直接飲んだり、塗ったりする事もないです。

しかし医療として使われる事はなくても、「癒し」としてアロマテラピーを使うことは多いです。アロマの人気は、この「癒し」の効果によるところが、大きいようです。

例えば、お風呂でのリラクゼーション効果を上げるために、アロマオイルが役立ちます。お風呂に入ると、「一日の疲れ」を癒せると思います。そこでアロマを使えば、より一層「疲れを癒せる」と思います。自分の「好きな香り」に包まれながら、のんびりと「お湯」に浸かれば、心も体も癒されることでしょう。

今までに、いくつかの入浴剤を試した方もいると思いますが、ぜひアロマについても試してください。

五月病対策

アロマテラピーには、「心と体を癒す効果」「リラックスさせる効果」を期待できます。そんな効果を期待して、五月病対策にアロマを活用しようという意見があります。

五月病対策の効果を期待できるアロマオイルには、ラベンダーやローズマリー、ジャスミンやベルガモットなどが挙げられます。これらのアロマには、リラックス効果や気分を明るくしてくれる効果、やる気を取り戻す効果を期待できます。どのアロマを使えば良いか?ちょっと迷いますが、まずは「好きな香り」の物を選ぶと良いでしょう。

アロマの使い方ですが、入浴時に使うのが手軽です。湯船の中に、先程のアロマオイルを3滴から5滴ほど垂らして、入浴します。アロマバスと呼ばれている「この方法」を、ぜひ試してみてください。

やる気の回復を期待できるローズマリー

ローズマリーは、「精神的な疲れ」や「気力」を回復させてくれると言われています。
そしてローズマリーの効能には、脳に刺激を与えて無気力を緩和する、というものがあります。五月病の「やる気のなさ」にも、効果を期待できるそうです。やる気がない時、例えばローズマリーのハーブティーを飲んで、ほっと一息つきましょう。

なお、アロマテラピーは医療ではありませんので、症状がひどい場合は、医者に行きましょう。アロマテラピーは、ちょっと助けることしかできません。