高校受験で頼りにしたい「信頼できる家庭教師」

家庭教師

お子様を励ます家庭教師

高校受験のために、どういった学習をすれば良いか、高校受験を控えている学生だけではなくて、その親御さんも気になると思います。
自分の子供が「しっかりした勉強法」を身に付けているのか、その勉強法を毎日実践できているのか、心配な方も多いでしょう。

高校受験は家族みんなで挑む事という心構えの家庭もあるでしょう。ですが、あまりにも過保護では問題が発生します。

そんな時、家族以外の「人の助け」を借りてみましょう。

例えば、家庭教師を雇うことです。

家庭教師は、子供さんの勉強する環境を一変させます。塾とは違いマンツーマンなので、その勉強する環境の変化は、より一層はっきりと現れます。

ただし、成績が大きく伸びる「きっかけ」になる時もあれば、高額報酬の割には全く効果が出ない事もあります。もしかしたら、高校受験のための勉強法を知り尽くしている親戚の大学生に頼むほうが、良いかもしれません。

家庭教師と塾の違い

子供の学習について、家庭教師を頼んで家で勉強させるか、塾や予備校に通わせるか、迷ってしまうことがあると思います。家庭教師と塾や予備校について、少し比較してみたいと思います。

家庭教師の場合は、先生と子供が1対1で学習を行ないます。子供に合わせて指導してもらえます。
家庭教師は学校の教科書やテキストを始め、通信学習の添削などもしてくれるでしょう。
家庭教師は子供との距離が近くて、とても親密に感じることができるでしょう。

それに対して塾や予備校の場合は、1人の先生に対して生徒は複数となります。このような集団に対する指導の場合、先生は生徒全員のことを把握できない可能性があります。
また塾の場合は、その塾のテキスト以外の事、学校の教科書以外の事について、質問しにくいかもしれません。
あと、塾や予備校の先生に対して、子供は少し距離があると感じるかもしれません。
ちなみに近年では、子供の状況を把握するために、個別に指導する塾も多くなってきています。

子供と相談して家庭教師を選ぶ事

ところで、親御さんが独断で家庭教師を雇うことはやめましょう。親が勝手に決めるのではなくて、子供と相談して決めてください。親の独断で子供に勉強法を押し付けることは、やめましょう。

家庭教師に対する子供の意見をしっかりと聞き、どういった先生が望ましいかについて、話し合いましょう。その上で信用できる人に頼むならば、受験だけでなくて、その子の人格形成にも良い影響を与えると思います。

また、家庭教師を雇う際、高い授業料と教材を売り込むような悪徳商法に引っ掛からないように、注意してください。親心のためか、高すぎる学習教材を買ってしまう事例もあると聞きます。

勉強のプロと言える家庭教師を頼りにしたいという考え方は、決して悪い発想ではありません。教え方が上手で信頼できる人なら、お子様の学力向上にきっと役立つでしょう。