布団のダニを取り除きたいなら、掃除機を使いましょう

アレルギーの原因の一つ・ダニ

布団喘息や鼻炎・アトピー性皮膚炎などで「お悩みの方」は、落ち着いて眠れないそうです。24時間いつでも症状が出てきます。なので不眠の人が多い、と言われています。

布団に入るとアレルギーが出やすい、という人がいます。その原因の一つに、布団にいるダニが挙げられます。また、布団には、ホコリも溜まりやすいです。それらがアレルゲンとなって、過剰な反応を起こさせてしまう場合があります。

ダニを減らせない「布団を干す事」

布団の「お手入れ」の一つに、干す事があります。天気が良い日に布団を干したので、布団が清潔になった、と思っている人がいるかもしれません。

しかし「日干し」だけでは、布団の中に潜んでいるダニを減らすことはできません。

一般的に布団を干す事でダニの発生を防げる、と思います。ですが干すだけでは、布団の中にダニの死骸や糞などが溜まってゆきます。

なお布団を取り込む時に、布団を叩くことをやってはいけません。
布団を叩くと、ホコリがたくさん出てきます。このホコリのほとんどは、布団の中の綿がちぎれた繊維です。布団を叩く事によって、逆に布団を痛めてしまいます。これでは、布団の保温力や透湿性も低下してしまいます。

さらにダニの死骸やフンが、表面に浮き出てしまいます。そのことは、アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患を起こす原因になってしまいます。

防ダニ寝具

普段からダニアレルギーで「お悩みの人」にとって、寝具のダニ対策は「とても重要」と言えます。
例えば寝具の中には、防ダニ加工している物があります。防ダニ寝具などと呼ばれている物です。

防ダニの布団について言うと、布団の「生地そのもの」に、ダニが入り込めないという特殊加工を施してあります。よって、ダニのリスクを大幅に減らせます。
免疫力の弱い「お子様」や「ご老人」、または「皮膚や気管支が弱い方」などは、ダニ対策済みの布団をぜひ使ってほしいと思いました。

防ダニ寝具には、色々な種類があります。掛布団や掛けカバー、敷布団や敷きカバー、枕や枕カバー、シーツなど、寝具の一式が揃っています。これら全てを用いれば、寝具のダニ対策は「ほぼ完ぺき」と言えます。しっかりとダニ対策したいなら、防ダニ加工がされている寝具を選ぶほうが良いでしょう。

掃除機でダニを吸い取りましょう

喘息やアトピー性皮膚炎などで悩んでいる方がぐっすりと眠れるためには、布団を清潔にすることが大切です。こまめに布団を干して、さらに掃除機でダニやホコリを吸い取りましょう

ちなみに外に布団を干した場合、飛んで来た花粉が「くっついていること」もあります。取り込む前に、布団から花粉を落とすようにしましょう。または、掃除機で花粉を吸い取りましょう。

毎日布団を使用している限り、ダニの発生が気になるでしょう。普通の布団を使っているなら、残念ながらダニが0匹という事は無い、と言えます。そしてあまりにもダニの数が多すぎると、ダニの排泄物が私たちの健康に悪い影響を与えたりします。出来る限り、布団を清潔にしておく事が大事と言えます。