繰り返し同じ作業を行なえる、エクセルのマクロ

繰り返し作業ができる「エクセルのマクロ」

マイクロソフト・エクセルのマクロを使ったほうが効率的に処理できる場面とは、連続した作業の中に「繰り返しの作業」が多くある場合です。そして一回だけ作業するのではなくて、定期的に「その作業」を行なう場合です。

マクロを使えば、それを実行するだけで簡単に同じ作業をできます。

例えば会社の「営業成績一覧表」から毎月「優秀な営業マンの成績表」を作成する際、この処理をマクロに組んで作っておくと良いでしょう。
毎月繰り返して「そのような成績表」を作成する場合、積極的にマクロ機能を活用できると言えます。

プログラムと言えるマクロ

プログラム作成中マクロとは、エクセルなどで作業する際、効率良く作業できるようにサポートするプログラムのことです。エクセルのマクロを使うと、面倒な計算や同じような処理を自動化して処理できることになります。

エクセル・マクロのメリットの一つは、

エクセルのデータをデータベースにあるデータのように取り扱える点です。

マクロ機能によってデータ処理が簡単になったり、複数の処理をボタン一つのクリックで行なえたりします。エクセルの関数を組み合わせて使うと、データベースっぽい機能を実現できるでしょう。

ただし、デメリットもあります。マクロの機能や文法を覚える必要があります。そしてプログラムを作成することに、時間を使うことになります。

例えば一般事務や経理が本業の人は、プログラミング作業にあまり時間を掛けられないかもしれません(なお、事務職の求人情報では、「エクセルのマクロを使える方、歓迎」と書いてある求人もあります)。

以前ネット上で、他の人が作ったエクセルのマクロを見たことがあったのですが、カッコ「()」が何個も入れ子になっていて、ややこしくて理解しづらかったです。たまたま難しいマクロを見てしまったのかもしれませんが、プログラミング経験がないと理解しにくい場合もありそうです。

なお、専門性の高いデータ処理はエクセルを使わずに、やはりシステムの専門家がデータベース上で行なうほうが捗るでしょう。

雑談:「なまはげ」さんもエクセルを使います

以下雑談になりますが、2012年のハローワークの求人に「なまはげの求人」が掲載されたのですが、エクセル・ワードができる方と書かれていたそうです。情報化社会の現代では「なまはげ」として働くにも、エクセルやワードの操作が求められるようです。

もしかしたら近年では、エクセルやワードの操作だけでなく、スマートフォンを使いこなせることが、「なまはげ」として働く条件になったりするかもしれません。近い将来スマホの地図ソフトのルートナビを駆使して、あなたの家に「なまはげ」がやってくるかもしれません??

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム