食べ過ぎを「なかったこと」にできる、リセットダイエット

3日間でリセットダイエット

「ついつい食べ過ぎてしまった……」

 

食べ過ぎた中年男性こんな時は落ち込まずに、その後の食生活を「ちょっと工夫する」だけで、食べ過ぎたことを「なかったこと」にできます。
食べ過ぎてしまったことをリセットできる、そんなダイエット方法を、ご紹介したいと思います。

その方法とは3日間という短期間で調整するという、リセットダイエットと呼ばれている方法です。
たった3日間だけ集中すれば良いなら、頑張って「やってみよう」と思えるでしょう。

例えば、1日の摂取カロリーの目標が1500kcal程度の場合、3日分で考えると4500kcalになります。
食べ過ぎてしまった1日目のカロリーを考えて、その後の2日間のカロリーと合計して、3日単位で4500kcalくらいになるように調整することになります。

カロリーだけでなく食事の内容や栄養素についても、3日単位で見直してみましょう。
例えば肉や魚などのタンパク質を取り過ぎているなら、その後の2日間は野菜中心の「おかず」にして、主食として「ご飯やパン」などを加えるようにします。

リセット効果

実際には食べ過ぎてしまった次の日に、急に体重が増える訳ではありません。ですが、すぐにリセットダイエットを実践したほうが、効果を得やすいそうです。

食べ過ぎてしまったら、その後の2日間「少し工夫するだけ」でリセット効果を得られます。食べ過ぎたと諦めずに、頑張ってみましょう。

リセットダイエットの「やり方」

リセットダイエットでは、食べ過ぎてしまった翌日から2日間「食事を少し工夫するだけ」で、取り過ぎてしまったカロリーを「なかったこと」にできます。とても有効なダイエット法と言えます。

その効果は、リセット期間中における、少なめの主食野菜、そして水分の取り方によって発揮されます。それではリセットダイエットの「やり方」を、ご紹介したいと思います。

主食を食べる事

ダイエット中でも、主食を食べてください。
主食として「おすすめな物」は、フランスパンやドイツパンなどの噛み応えのあるパンや、低カロリーのベーグルです。

ご飯やパン、めん類といった主食は体内機能をスムーズにして、正常に代謝を保つためには欠かせない栄養です。もしも炭水化物が不足してしまうと、体が重たく感じたり、甘い物を食べたくて我慢できなくなったりすることがあります。

また、食物繊維やビタミンが豊富なジャガイモは、茹でたり電子レンジで加熱したりして、主食として添えても良いでしょう。

野菜を食べる事

代謝を上げるために、ビタミンとミネラルが豊富な野菜を毎日食べてください。
いも類も含めて、1日に取りたい野菜の目安は350g程度と言われています。

ただし生野菜で、それだけの量を食べるとなると「かなりの量」になってしまいます。なので料理の工夫をしましょう。
例えば「ほうれん草」を「お浸し」にしたり、味噌汁に野菜を「たっぷり入れたり」すると、たくさんの野菜を取れます。

2日間の食事で飽きが来ないように、きのこ類や根菜、葉物野菜など、様々な食材を使い分けましょう。

水分を取る事

あと、食事中に充分な水分を取りましょう。
とくにリセット期間中では、代謝と排出を円滑にするために、お茶または水を多めに飲みましょう。

程良く食べて痩せましょう

ダイエット中には、大好きな料理や甘い物を絶対に食べてはいけない。このように神経質になり過ぎてはストレスが溜まってしまい、逆に暴飲暴食をしまう可能性があります。
ダイエットを成功させるには、余裕を持って対応することも大切です。

窮屈なダイエットを行なっていると、体や精神面で不調を引き起こしたりします。なので自分が実践できる事を、少しずつ実行していきましょう。