逆浸透膜の浄水器から作れる安全な水・RO水

美味しい飲み物を選ぶ時代

おいしい水現代では飲み水と言えば、ミネラルウォーターが一般的になっています。その他には、麦茶や烏龍茶という市販の「お茶」も、よく飲まれています。

しかし市販の「お茶」は、ペットボトルや缶の物を毎日買うと結構お金が掛かります。お金が掛かるけれど、今の時代「仕方がない」と考えている人が多いかもしれません。

一昔前では、コンビニで「天然水」や「お茶」を買うことはありませんでした。ですが今では、お金を出して買う事が多いです。
美味しい飲み物代は生活費であると、どこかで納得しているのかもしれません。

現代では水道水を飲み水として、そのまま使わない人たちが増えているようです。
水道水は、生活用水としては特に問題ないです。ですが飲み水となると、成分や味の観点から問題があると判断している人も、いるようです。

田舎のほうでは水が綺麗なためか、水道水を飲む習慣があったりします。でも昔に比べて、それもだいぶ薄れてきました。今では水を飲む場合は、ミネラルウォーターが基本となっています。

安全な水・RO水

コーヒーや紅茶の味がとても良くなる水であり、この水を使って「ご飯を炊く」と艶のある「ご飯」になる。このような噂になっている水が、あります。

RO (Reverse Osmosis) 水と、呼ばれている水です。逆浸透膜を用いて作った水のことを言います。

逆浸透膜のことを、「RO膜」と言います。この「RO膜」は、水中の様々な不純物(細菌やウイルス・重金属類など)を、ほぼ100%除去する膜です。
よって「RO膜」を通過した「RO水」は、とても安全な水と言えます。コーヒーを作る際に「RO水」を使えば、確かに美味しくなりそうだと思いました。

ちなみに「RO水」を入手したい場合は、ウォーターサーバーの業者から入手できたりします。また、浄水器の中で「逆浸透膜の浄水器」と呼ばれている物を使うと、「RO水」を作れます。

「RO水」は、飲料水として最適な水です。なので、飲み水に「こだわり」を持っている人は、ぜひ利用してください。