自分で占うのは難しいかも?手相の恋愛占い

手相の恋愛占い

昔から「ずっと続いている占い」の一つに、「手相占い」があります。
手相は、年々変わっていくそうです。特に右手の手相は、左手に比べて変化しやすいそうです。そして人によって手相は違うので、細かい線などについては、

自分で占うことは難しいと言われています。

もしも恋愛について占いたいなら、右手の手相を中心に見ることになります。
「簡単な手相占い」で良いなら、本を参考にして占っても良いでしょう。

結婚線が示す意味

結婚「手相占い」で、よく見かける線に「結婚線」があります。この線は「手のひら」の側面にあり、小指の付け根の下にある線のことです。
この線が示す意味は、単純に結婚の回数を表す事ではありません。恋愛の感情的な意味も含んでいるそうです。

例えば、結婚線が2本あるからといって「将来、離婚してしまう」と、落ち込む必要はありません。すでに結婚している人の場合では、結婚後の愛情を表すそうです。

線が複数ある場合「どのような意味を示すか」については、占い師さんに聞いたり、占いの本で調べたりすると良いでしょう。線が多いからと言って、結婚と離婚を繰り返すとは必ずしも言えないようです。

独身の方の場合では、はっきりした線は今までの恋愛で特に印象的だったこと、大恋愛や結婚を考えた相手がいたことを示します。または将来、結婚を考える人が現れるという意味もあるそうです。

最初は「無料の占い」を試してみましょう

テレビや雑誌などの「手相占い」を見ていると、「何歳で結婚する」とか「何歳で離婚する」とか言っている場面を見かけます。
しかし「その一方」では、手相では何歳で結婚するか?離婚するか?を診断できない、と言っている人もいます。
そんな状況なので、まずは無料サイトや無料占いで手相を診断してみて、気になったら有料の占い師さんに相談する、という手順が良いと思います。

もしも本格的に占いたいと思った場合は、手相専門の占い師さんに見てもらうことになります。
ただし「手相専門の占い」については、無料で行なっている場合は少ないです。街中で占い師さんが座っているのを見かけたりしますが、「有料の占い」だと思います。

なお、占い師さんに占ってもらう人は、毎回「同じ占い師さん」に占ってもらうことが多いようです。信頼できる占い師さんが見つかれば、継続して相談して、アドバイスしてもらうと良いでしょう。

ところで「占いの結果」によっては、嫌な気分になってしまうかもしれません。誰でも結婚や離婚に関して、悪い結果を言われるのは嫌だからです。もしも悪いことを言われても、あまり気にしないようにしましょう。