お弁当の定番サンドイッチ

サンドイッチサンドイッチと言えば、お弁当の定番と言える食べ物です。もしも冷たい「ご飯」が苦手な人なら、サンドイッチの「お弁当」のほうが食べやすいでしょう。

サンドイッチの中身としては、玉子やハム、ツナなどが美味しいです。玉子については、ゆで卵を潰してマヨネーズであえて作ります。ハムについては、チーズとの相性が良いので一緒に使っても良いです。
「サンドイッチの美味しさ」について言うと、パンと同じくらいに「その中身が美味しい」と、より一層美味しくなります。

もしも大人が食べる場合を考えるなら、サンドイッチに塗るバターに「からし」を混ぜて、からしバターにしても良いでしょう。なお、バターがない場合は、マーガリンでも代用できます。

サンドイッチを作る時、四角い食パンを使うことが多いと思います。そしてサンドイッチ用として、耳が落とされたパンが販売されています。これなら、耳を落とす手間が省けて便利です。
または、サンドイッチ用のパンでなくても「8枚切り」の物なら、耳が付いていても美味しいと思います。耳が付いているパンのほうが、さらにボリューム感が出るでしょう。

しかし、いつも食パンだとマンネリを感じるかもしれません。そんな時は、パンの種類を変えるだけで見た目も変わり、「新鮮な感じ」にできます。
例えばハンバーガー用のバンズやロールパン、フランスパンなどを使ってみましょう。中身はいつもと同じ玉子やハム、チーズであっても、違った印象がするでしょう。
サンドイッチは、意外とアレンジが効く食べ物と言えます。

ビーフサンドイッチ

サンドイッチの定番と言えば、卵サンド、ハムサンド、野菜サンドが挙げられます。
しかしいつも同じでは、飽きてしまうかもしれません。そんな時、お肉を使った「ビーフサンドイッチ」は、いかがでしょうか。お肉を使っているので、腹持ちするサンドイッチです。ボリュームがあるので、大きい「お子様」にもお勧めです。

ここではビーフサンドイッチのレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(4人分)

  • サンドイッチ用パン …… 8枚。
  • 牛肉の薄切り …… 300グラム。
  • 塩コショウ …… 適量。
  • しょう油 …… 適量。
  • みりん …… 適量。
  • マヨネーズ …… 適宜。
  • バター …… 適宜。
  • サニーレタス …… 8枚。

作り方

  1. 牛肉を広げて、塩コショウで下味をつけます。
  2. フライパンに油を敷きます。フライパンに牛肉を広げて焼きます。
  3. みりん、しょう油を入れます。味を確認しながら焼き上げます。味については、やや濃い目が良いでしょう。
  4. サンドイッチ用のパンの片側に、バター(またはマーガリン)を塗ります。
  5. パンに牛肉を乗せて、サニーレタスをはさみ、マヨネーズをかけます。そして、パンではさみます。
  6. 食べやすい大きさに切ります。これで出来上がりです。


タイトルとURLをコピーしました