髪を大切にしたいなら、頭皮ケアできる育毛シャンプー

品質が良いシャンプーを選ぶ事

シャンプーで髪を洗ういつも髪の毛を洗う時に使っているシャンプーは、どんな理由で選んだ物でしょうか。
「価格の安さ」や「容器のデザインの良さ」「コマーシャルで見て知っている物だったから」などの理由が多いかもしれません。

特に問題がなければ、そのような理由で選んでも良いです。だけど、もっと育毛の効果を得たい、自分の髪の毛や頭皮の健康を大切にしたいと思うなら、シャンプー自体の品質で選ぶほうが良いです。

育毛することが一番の目的でシャンプーを選ぶなら、育毛専用のシャンプーを選ぶと良いです。通常のシャンプーと比べて高価ですが、育毛を目的としているなら、お金がかかることは仕方のないことです。

主に髪を保護する一般のシャンプー

ところで一般のシャンプーは、髪を保護する事や補修する事を目的としています。よって一般のシャンプーは、髪を保護するために使う事になります。

一般のシャンプーでは、石油系・石鹸系・高級アルコール系・アミノ酸系などがあります。

石油系・石鹸系・高級アルコール系のシャンプーは、頭皮の脂性が多い人または普通の人用のシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーは、頭皮への刺激が少なく、皮脂を取り過ぎないシャンプーです。
また、リンスインシャンプーや「潤い」をうたっているシャンプーは、皮脂を多くします。

シャンプーに関しては、泡立ちの良さ・スッキリ感などで、選んでいる人が多いようです。よってシャンプーの含有成分に対する関心は、低いようです。

髪を大切にしたいなら、なるべく天然の原料を中心に作られたシャンプーを使うことがおすすめです。※なお「天然」とうたっている物でも、天然だから自分の頭皮に100%良いとは限りません。
上記の「シャンプーの違い」を理解して、自分に合うシャンプーを選びましょう。

ところで、市販のシャンプーや美容院・理髪店のシャンプーの中には、スタイリングや髪の毛の触り心地を重視するあまり、過剰に皮脂を取り過ぎてしまう物があったりします。これは頭皮を傷めて不健康にする事に繋がります。
「頭皮の清潔さ」を考えると、どうしても「皮脂を取り除くほうが良い」と思うかもしれません。ですが必要な皮脂まで取り除くと、かえって皮脂の分泌量を増やしてしまうことになります。そうなると発毛にも、「悪い影響を与えてしまう恐れ」があります。

シャンプーの成分に注目

シャンプーの中には、強力な合成界面活性剤を使用している物もあります。洗浄力が強くて、「頭皮の汚れ」をしっかり落とす効果を得られます。

しかし、頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまうという悪い影響もあります。必要な皮脂まで取り除かれてしまった頭皮は、奪われた皮脂を補充するために過剰に皮脂を分泌したりします。皮脂が過剰になると、今度は皮脂が毛穴に詰まってしまいます。頭皮にとって、あまり良い状態とは言えません。
その他の悪い影響としては、洗浄力のあるシャンプーによって重要な皮膚バリアまでも破壊してしまい、そこから原料の科学物質が入り込んだりします。そのことが、薄毛・抜け毛の原因になったりします。

以上のような、合成界面活性剤というケミカルのマイナス面をなくそうとしたシャンプーがあります。ノンケミカルシャンプーと呼ばれている物です。合成界面活性剤が使われていないシャンプーです。

シャンプーを選ぶ際、その成分に注目してみましょう。
例えばアミノ酸が含まれているので、このシャンプーは髪の毛に「とても優しい物」だと思う。そんな風に成分によってシャンプーの特徴を判断して、選ぶと良いです。

「だけどシャンプーは、実際に使ってみなければ『良し悪し』がわからない」

 

確かに、その通りです。なので、いいと思って使っていたシャンプーがあんまり良くないと思ったら、使用を中止しましょう。

自分の頭皮に良くないシャンプーを使い続けていると、フケが出てきたりします。シャンプーがイマイチ自分の肌に合わないと感じたら、他の製品に替えてみることも一つの方法です。
育毛・発毛専門のシャンプーには、原料に石油などの化学成分を使用せず、植物エキスなどの天然成分のみを使った物もあります。このような天然成分を使用しているシャンプーに替えてみましょう。

育毛に必要な「頭皮の健康」

皮脂が原因で薄毛になる、ハゲになるということを信じて、皮脂を根こそぎ除去する方がいます。
しかし皮脂は人間の体が分泌する物なので、本来は悪い物ではありません。乾燥を防ぐ効果もあります。なので、過剰な除去をしないようにしましょう。
もしも必要な皮脂まで除去すると、頭皮が乾燥してボロボロになります。そうなると、余計に薄毛やハゲになってしまします。

頭皮を健康な状態に保つためには、毎日1回、洗髪をすることが大切です。
頭皮ケア用のシャンプー剤を使えば、ほとんど間違いなく必要な皮脂を残して洗髪できます。健康な頭皮を保てるでしょう。

育毛を考えた場合、体を大切にすることと同じくらいに頭皮も大切にする必要があります。自分に合った育毛シャンプーを見つけて、普段から髪の健康を保つよう心掛けましょう。

頭皮用と言える育毛シャンプー

シャンプーやリンスを使用することで薄毛になってしまう可能性もある、と聞きます。これでは、どんなに育毛剤を使って髪の毛を育てようと頑張っても、シャンプーを使う事でマイナスの効果となってしまいます。もしそうなら、育毛することになっていません。
このような心配を軽減するためにも、やはり育毛専用のシャンプーを使用するほうが良いでしょう。

ちなみに、通常のシャンプーは一般的に「ヘア用」ですが、育毛シャンプーは「頭皮用」です。そして、その育毛シャンプーについては、大きく2種類に分けることができます(2009年当時)。

オイル系シャンプー

植物性のオイルを使っていて、頭皮に刺激を与えにくい物です。

石鹸シャンプー

ハーブなどの天然素材を使っていて、頭皮に優しいシャンプーです。とても人気があります。

頭皮に合うシャンプーを選びましょう

シャンプー

シャンプーのイメージ画像

髪質や頭皮の健康を考える際、「シャンプー選び」は重要です。自分の頭皮や髪に合わない物を使っていると、頭皮や髪の毛を傷めてしまうからです。そして実際に間違ったシャンプーを使っていて、髪を傷めている人がいると聞きます。

女性の薄毛や男性型脱毛症の低年齢化について、シャンプーの消費量と比例しているという指摘があったりします。シャンプーやリンスを使用することで、髪の毛がゆっくりと細くなってゆき、寿命が短くなり、薄毛になる可能性もあるようです。

シャンプーについては、洗っている時に滲(し)みたり、洗髪後にツッパリ感が出たりするような物は良くありません。
たまに、「いい香り」がするから使っているという方がいます。だけどやはり、自分の頭皮に合う物を選びましょう。頭皮が健康的で清潔であるほうが、毛が抜けにくいと思います。

なお、育毛シャンプーとは、育毛成分が入っているシャンプーのことを言います。例えば医薬部外品のシャンプーには、脱毛を防止して、育毛を促進する成分が含まれていたりします。
薬用シャンプーとして、多く販売されています。薬用シャンプーを使うと、早い段階から抜け毛の予防を実施する場合に、その効果を期待できます。

育毛シャンプーについては、なるべく自分の頭皮に合う物を選びましょう。スッキリと髪の毛を洗えることよりも、頭皮に合うシャンプーを選んでください。

ヘアケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム