頭皮ケアできるシャンプーを使いましょう

頭皮に合わないシャンプー

若い頃だったら特に問題はなかったのに、年を重ねるほど髪のトラブルが目立ってきた。そう実感している人も多い、と思います。
そして多くの方が髪のトラブルを解消するために、毎日洗髪を行なっているでしょう。

洗髪に使用するシャンプーについては、自分の頭皮に合わない物を使っていると、必要な皮脂が「はがれ落ちて」しまいます。そして脱毛症を引き起こします。

ヘア用シャンプーを使っている場合だけではなくて、育毛シャンプーを使用している場合でも、髪や頭皮のトラブルが起きる場合があります。そんな場合、自分の頭皮に合っていないシャンプーの可能性があります。

頭皮ケア効果を期待できるシャンプー

シャンプーで洗髪

シャンプーが原因で髪や頭皮のトラブルが起きると言われても、髪のトラブル解消に役立つ物と言ったら、やはりシャンプーだと思います。

だけど頭皮という物は、こちらが思っているよりも意外とデリケートな物です。シャンプーを選ぶ時は、頭皮に優しい、まるで育毛剤のような物を選ぶようにしましょう。

例えば、頭皮ケア効果が高いとされるシャンプーは、ぜひ使ってみたい物と言えます。
例としては、スカルプ(頭皮)ケア・シャンプーや馬油シャンプーなどです。その価格は「やや高額」ですが、そのようなシャンプーを選ぶ人が増えていると聞きます。

頭皮用とヘア用の違い

頭皮用シャンプーとヘア用シャンプーの違いについて、お話したいと思います。
頭皮用シャンプーは、頭皮への刺激が少ないです。ヘア用は、刺激が強い物があります。
頭皮用シャンプーは、頭皮にほとんど残りません。ヘア用は、残留について配慮していないようです。
頭皮用シャンプーは、皮脂腺を肥大させません。ヘア用は、それについて配慮していないようです。
頭皮用シャンプーは、毛穴へ浸透しにくいです。ヘア用は、それについて配慮していないようです。

以上のように、育毛を目的とする頭皮用シャンプーは、育毛に大切な頭皮に優しいと言えます。濃度も濃いので、少量でもよく泡立ちます。
シャンプー剤の量が過剰だと、頭皮に良くありません。必要最小限の量を使うようにしましょう。

薬用シャンプー・スカルプD

現代人は、毎日ストレスを受けていると言えます。そのストレスによる薄毛に悩まされている人も多い、と聞きました。そんな現代人にとって、育毛製品は頼りにしたい物です。

育毛と名のつくシャンプーやリンスは、普通のシャンプーやリンスよりも価格が「やや高い」です。しかし実際に、育毛の効果を実感できる物もあります。
そんなシャンプーの一つに、スカルプDという育毛シャンプーがあります。薄毛に悩んでいる人たちの間で、評判となっているシャンプーです。

主な評判の一つに、

「抜け毛が少なくなった」
 

という感想があります。

スカルプDは、自分の頭皮タイプに合わせて選べる頭皮ケア製品です。オイリー用とドライ用が用意されています(2011年当時)。
健康な頭皮を作ることが、髪の毛の健康にとって一番重要という指摘があります。自分の頭皮タイプに合わせて選べるシャンプーは、育毛の効果を期待できます。

参考に商品情報の一例を、ご紹介したいと思います。

  • オイリー(脂性肌用)、ノーマル&ドライ(普通肌・乾燥肌用)の2種類があります。
  • 頭皮の環境を整えることを考えたシャンプーです。
  • 抜け毛の予防に効果的と言われている成分を、配合しています。
    ケープアロエエキス・ジオウエキス・チョウジエキス・ウコンエキス・ヒオウギエキスなどの成分を、配合しています。

スカルプDは男性を始め、女性の間でも愛用者が多いそうです。なので、男女ともに人気のある育毛シャンプーと言えるでしょう。

頭皮を洗いましょう

なお、発毛ケアでは頭皮や髪の毛を清潔に維持するために、正しい洗髪方法で髪の毛や頭皮を洗うことがとても大切です。シャンプーする際は、髪を洗うことよりも頭皮を洗うことに重点をおきましょう。頭皮の皮脂を取ることは、「毛髪の汚れ」を取るよりも難しいからです。

シャンプーをする前に、髪をしっかりと濡れた状態にしてください。そうしないと、泡が充分に立ちません。泡が少ない状態で洗髪すると頭皮や髪に負担がかかり、「傷つけてしまう恐れ」があります。

自分の肌に合うシャンプーを使って、洗う時には爪を立てずに、指の腹の部分で頭皮を軽くマッサージしながら洗っていきましょう。毛根から頭頂部に向かって、優しくマッサージするように洗います。毛穴に詰まった皮脂を取り除くことができて、頭皮の血行を促進できます。

髪の毛を洗うというよりも頭皮に意識を向けて、頭皮を洗うようにします。そうすれば育毛を期待できる、と思います。