洗練されたデザインが魅力的、北欧家具

北欧スタイル

一般的に北欧スタイルと言ったら、シンプルそしてモダンなデザインと言えます。そのデザインから受ける印象は、とても温かいです。
これは、北欧のデザイナー達が自然をイメージしてデザインしていることに関係ある、と思います。一例ですがアルネ・ヤコブセン氏の椅子は、フィンランドの湖をイメージして作られたと聞きました。

さらに北欧スタイルは、自然素材を活かしたデザインになっていると思います。「素材そのもの」が持っている「温かさ」も感じられます。

近年、室内のインテリアに「こだわりを持っている人」が増えている、と聞きました。そんな人達の間で、北欧スタイルが人気だそうです。確かに、北欧製の家具や雑貨に囲まれた部屋は、おしゃれ感があふれています。人気があるのも、うなずけます。

北欧の国

北欧とは、どこの国の事を言うのでしょうか。5つの国の事で、

スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランド

北欧の自然の事を言います。これらの国は、環境問題や福祉問題に熱心に取り組んでいる国として知られています。それらの分野では優れた先進国となっています。

その北欧は、家具や雑貨というインテリアの分野で、とても人気があります。家具においては、洗練されたデザイン性である点や、木を始めとする天然素材を存分に使っている点が、魅力となっています。

シンプルなので「ちょっと地味」という印象もあります。だけど「温かさ」を実感できる家具と言えます。部屋の中に北欧家具があったら、その存在感は十分です。部屋の雰囲気が洗練されて、おしゃれになると思います。

北欧家具の魅力

北欧家具とは、北ヨーロッパの天然木の特性を利用して作られた家具のことです。デンマーク、スウェーデン、ノルウェーなどの森林や湖など、自然資源に恵まれた土地で作られています。
北欧は家具製造に非常に適している環境であり、北欧特有の気候で固く締まった木を使えます。

インテリア家具の一つである北欧家具と聞くと、どういう印象があるでしょうか。
北欧家具は、たくさんの魅力を持っています。その中でも、よく言われている魅力は次のような事です。

  • 抜群の耐久性。
  • 洗練されたデザイン。
  • 天然素材。

耐久性が良くて、日本にあるノックダウン式の家具とは比較にならないほど長持ちします。なので、孫の代まで使えるでしょう。
また、概観については、地味だったりシンプルだったりに見えます。しかし実はモダンであり機能的、その上「美しく洗練されたデザイン」になっています。
飾り気がないため、上品な印象を受け取る方も多いと思います。

あえて「良さ」を一言で言うと「シンプル&ナチュラル」といった感じになります。他の家具との相性も良くて、色々な部屋にマッチします。
北欧家具の人気の秘密は、どんな部屋にも合わせやすいテイストだという事です。部屋を選ばないので、「模様替え」を行なうのにも適している家具と言えます。

一見、地味だったり飾り気がないと思われる家具ですが、ナチュラルな素材感を前面に出していて、「シンプル」かつ「癖がないデザイン」です。よって「落ち着き」があって、部屋に馴染むのでしょう。

北欧家具はデザインを主張しすぎていないし、他の家具との相性も抜群にいいので、コーディネートしやすいでしょう。その上「使い勝手の良さ」や「耐久性の良さ」があるため、多くのファンを魅了しています。

耐久性が良い北欧家具

「北欧家具の良さ」と言ったら、「デザインの良さ」と指摘する方が多いと思います。ですが、デザインだけではありません。実は、

家具としての耐久性が非常に良いです。
ソファ

高品質なソファ・イメージ画像

日本の「お手頃価格の家具」と比べて、かなり「しっかりと作られている」と言って良いでしょう。なので自分達の世代を始め、子供や孫の代まで使える家具と言えます。

北欧家具のコンセプトの一つは、何世代にも渡って使える家具である事と言えます。近年、家具はますます「お手頃な価格」で提供されています。だけど長い期間ずっと使えるほど丈夫な家具は、ほとんどないと言えます。

実際のところ、家具の購入では「価格の安さ」が重視される傾向にあります。ですが耐久性という点からも、家具を選ぶ事を検討してみましょう。
テーブルやソファ・チェアという家具は、気に入ったら長く付き合ってゆきたい家具と言えます。そんな長く付き合う家具として、北欧家具は「おすすめ」と言えます。

長持ちさせる「お手入れ方法」

北欧家具に限らず、一般的な家具においても長く使って行きたいと思っている方は多いでしょう。もしも家具の取扱説明書が手元にあるなら、お手入れ方法を確認しましょう

よく見かける方法として、中性洗剤を使用して「汚れ」を落とす方法が書かれています。中性洗剤を薄めて、それを布に含ませて、家具の汚れた部分を拭き取ります。その後、乾いた布で同じ部分を乾拭きします。
中性洗剤で家具を「お手入れする」だけで、家具を長持ちさせることが可能です。ぜひ、お試しください。

長く付き合える家具

北欧の家具は、耐久性が抜群に良くて、長く使い続けることができる作りになっています。
「木」特有の素材感もあり、洗練されたデザインで、とても高い品質となっています。その「完成度の高さ」は、魅力的だと言えるでしょう。

家具というのは長く使い続けることによって、味わいも出てくる物だと思います。孫の代まで使えると言われている北欧の家具を、ぜひ使ってください。

自然素材に「こだわった」北欧家具

北欧家具は天然素材を使用しているため、「安心感」や「温もり」を与えてくれます。
シンプルと言うかモノトーンみたいな無機質な物を好む方もいますが、

「温もり」を感じさせてくれるという事、
思わず触ってみたくなると思ってしまう事、

これらは物凄く大きな魅力だと思います。

過去に多くのブランドが、バウハウス・デザインに影響を受けました。ですが、あえて工業素材を取り入れず、自然素材に「こだわったブランド」があります。それは北欧のブランドです。

北欧ブランドの特徴は「シンプルさ」と言って良いでしょう。普遍的なデザインであり、「木の温もり」を持っている北欧家具は、どのような部屋にも違和感なく使えます。そのデザインは、直線的な物から曲線的な物まであります。

特に曲線的なデザインの家具は、その高度な加工技術にびっくりするでしょう。これは、「曲げ木」と言われている加工技術です。曲線的で美しいデザインの家具で用いられている技術になります。

北欧家具は、木の素材の魅力を100%引き出している家具です。北欧雑貨とともに、ぜひ注目していただきたい家具と言えます。

北欧家具の木材

天然素材・木材家の中でも暖かくて、心地良い生活を送りたい。北欧の人たちは冬の季節、その「厳しい寒さ」のために、一年の多くを家の中で過ごすことになります。そんな彼らのライフスタイルから北欧家具は生まれた、と言えます。

家具の素材としては、主に木を使った物が多いです。それはきっと、木には「優しい温もり」があるからでしょう。
木材としては、パイン材やバーチ材がよく使われています。

パイン材

パイン材とは北欧産の松の事で、欧州アカマツと呼ばれている木です。とても柔らかいので、傷が付きやすい素材です。気候の変化による収縮により、ヒビが生じてしまうこともあるそうです。
ずっと使い続けていくうちに、色が飴色に変化していくという特徴も見られます。

バーチ材

バーチ材とは、フィンランド産の樺材(カバ材)のことを言います。とても素朴でシンプル、温かみのある素材です。水に対して強くて、「粘り」や「強度」もあり、磨くと艶が出る素材です。なので床材や家具材として、多く用いられています。

和風に馴染む木製家具

木製家具が醸し出す温かみのある雰囲気やイメージは、和風インテリアにも馴染みやすいです。なので日本でも、人気が高まってきています。

北欧家具は、長い年月を掛けて成長した北欧の木々が、職人たちによって、家具に姿を変えた物です。その職人たちは、ずっと長い間にわたって、家具が人に使われ続けて欲しいと願っています。

使っているうちに付いてしまう傷には、その家の「歴史そのもの」が刻まれています。それによって愛着も、より湧いてくると思います。
実際に長い間使い続けていけるように、北欧家具には、流行に流されない魅力があります。

使いやすくて、かっこいい

「ファッション」や「おしゃれ」では、実用性よりも見た目が重視される事があります。とにかく「かっこいい物」「おしゃれ感のある物」が良い、と判断される事があります。
ですが実際の生活においては、使い勝手の悪い物は使われなくなってしまいます。結局は、ただの置き物になったり、収納ケースの中に片づけられたままになったりするようです。

その点、北欧の家具やインテリアは、「実用性と見た目の良さ」の両者を持っている物と言えます。洗練されたデザインで、「木の温もり」を感じられるという見た目が良い物でありながら、その使い勝手も良いと言われています。

生活で使える実用品でありながら「おしゃれ」で「かっこいい」

これは、北欧の家具やインテリアの魅力と言えるでしょう。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム