部屋の雰囲気を素敵に変える「北欧雑貨の照明」

「デザインの良さ」でも選びたい照明

味のある照明器具近年、省エネタイプの照明器具が多数販売されています。省エネと言われているので、電気消費量の削減を期待できると思います。しかし使い方が悪いと、照明器具としての結果を出せない事もあるようです。

例えば照明器具の傘やランプにホコリが溜まっていると、「明るさ」が低下してしまいます。部屋が薄暗くなってしまい、「明るさ」に不満を感じる事になるでしょう。傘やランプを「こまめに掃除する事」が大切です。

あと「性能の良さ」だけでなくて、「デザインの良さ」でも照明を選びたいです。照明器具は、室内を「おしゃれな感じ」に演出するインテリア・グッズと言えるからです。洋室なら洋室に合うデザインの物を、和室なら和室に合うデザインの物を選びましょう。

だけどデザインにこだわった照明器具を選ぶ事は、コストアップになりやすいです。
例えば、スポットライトにハロゲンライトを使用する事があります。ハロゲンライトの価格は、高めです。そして使い続ける際の維持費、つまり電気代も高くつきます。なので、このようなライトを使う際は、コストがかかる点を知った上で使いましょう。特に、お店などの商用としてではなくて自宅で個人的に使う際、その維持費に気をつけましょう。

照明のコストは気になるけれど、個性的なランプや雰囲気のある照明を探している方がいる、と思います。雰囲気のある照明として、例えば北欧雑貨の照明があります。
北欧雑貨の照明器具には、デザイン性に優れた物が多数あります。部屋の雰囲気を「おしゃれにしたい方」は、照明器具の色や素材などにもこだわってみましょう。

北欧雑貨の照明器具

北欧雑貨には色々な物がありますが、照明関連の雑貨もあります。北欧では1日の日照時間が短いので、照明を使う時間が長くなっています。長い時間使う物なので、こだわりのある物となっています。

北欧の照明の特徴を言うと、シンプルであり、自然の素材を上手に使っている点が挙げられます。
人によっては、

飾るだけで部屋の印象を素敵に変える、まるで魔法のランプのような照明器具

と言っている人もいます。

温もりあるペンダント照明

北欧では、白熱灯のスポットライトのような、温もりのある照明が多く使われているそうです。もしも自分の部屋の照明を「温かい明かり」にしたいなら、

北欧のペンダント・ライトを使ってみましょう。

おしゃれな照明なので、部屋の雰囲気を北欧テイストにできるでしょう。

北欧の照明器具を始め、北欧の家具や雑貨は、家の中で心地良く生活したいという北欧の人たちのライフスタイルから生まれた物と言えます。北欧の冬は長くて厳しいため、人々は一年の多くを家の中で過ごす事になるからです。

シンプルなデザインで実用的な北欧雑貨は、とても魅力的です。そんな北欧の雑貨や照明器具を実際に見る機会があったら、ぜひ見てください。きっと気に入ると思います。

なお、おしゃれな照明器具を使うなら、リビングやダイニングに限って使うようにしてみましょう。寝室などは、シンプルな照明を使うほうが落ち着くでしょう。それぞれの部屋に合わせて、照明器具を選んでください。

大事と言える照明器具のデザイン

部屋の雰囲気を良くしたい場合、照明器具のデザインは大事と言えます。もしも今一つ、お気に入りの照明が見つからないという人は、おしゃれなインテリアショップに行ってみましょう。スタイリッシュな照明が、スタイリッシュなデザイナーズ家具とともに展示されているでしょう。

例えばキュートなランプの一つに、背中から羽の生えた豚をモチーフにしたランプがあります。このような豚は、ヨーロッパや中国ではラッキーアイテムとされています。インテリア性の高いランプと言えます。
「クールな感じ」のランプとしては、アルミ仕上げのメタルペンダントがあります。インテリアにうるさい人でも納得できるクール感あふれるランプです。
自分のイメージに合う素敵な照明を、ぜひ見つけてください。



タイトルとURLをコピーしました