高校受験の理科対策

理科高校受験のための理科の勉強方法は、主に暗記となります。知識と公式を理解した後で、例題を解くと良いです。

高校受験の理科は、基本的には点の取りやすい分野です。単元ごとの関連が、それほどありません。なので、「ここを覚えないと、ここが解けない」という関係性が少ないです。

高校受験の理科を大きく分けると、
「生物」「運動とエネルギー」「化学変化とエネルギー」「地球と宇宙」
です(※2008年当時)。

「生物」では、生活に密着している部分もあるので、比較的覚えやすいでしょう。点数を取りやすい分野なので、しっかりと学習しましょう。

「運動とエネルギー」では、公式がたくさん出てきます。だけど数学の公式と比べて、簡単だと思います。やや意地悪な問題が出やすい分野と言えます。しかし基本を抑えておけば、それほど苦にならないでしょう。

「化学変化とエネルギー」では、酸化・還元反応と電流が主に問われます。酸化・還元については、酸化銅と炭素の反応を重点的に学習すると良いです。

「地球と宇宙」については、あまり身近な話題ではありません。小中学校では、それほど重点的に学習されない分野です。なので多くの生徒たちが、苦手とする分野です。
逆に言えば、受験で点数の差をつけるチャンスとなる分野です。なので、しっかりと学習しておきましょう。

※この記事は2008年当時の記事になります。



タイトルとURLをコピーしました