著作権の保護機能を持っているSDカード

小型で大容量なSDカード

SDカードは、東芝・松下電器産業・サンディスクが共同で開発したメモリカードです。
大きな特徴として、

切手と同じくらいのサイズで、最大で数十GB以上という大容量である点

SDカードが挙げられます(「SDカードの大きさ」は、幅が24mm、高さが32mm、厚さが2.1mmです)。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、オーディオ再生端末などで利用されています。汎用性が高いので、デジタル家電全般の記憶装置として利用されています。

SDカードの側面には、誤消去防止用のライトプロテクトスイッチがあります。
そのスイッチを下に押し下げれば、ロックされます。そして「書き込み」が不可能になります。そのスイッチを押し上げれば、ロックは解除されます。「書き込み」が可能になります。

スイッチのツマミが壊れたら、SDカードはロック状態となってしまいます。つまり「書き込み」が不可能であると、認識されてしまいます。この場合、セロハンテープなどでカード側面のツマミのあった位置を覆うと、再度「書き込み」が可能となります。

SDカードは、サンディスク社製のメモリーカードである「マルチメディアカード」が基になっています。そのため、マルチメディアカードと互換性があります。よって、マルチメディアカードをSDカードのスロットに装着すると、そのまま利用できます。

著作権の保護機能

SDカードの SD とは、どんな意味でしょうか。
SDとは、「Secure Digital」の略とされています。この名前が示すように、SDカードには、著作権があるデータを保護するための機能が搭載されています。

不正コピーを防ぐCPRM

SDカードは、CPRM技術という著作権の保護に関する機能を持っています。その機能により、不正なコピーを行なえないようにしています。
そのため、SD-Audioデータなどの著作権が保護されているデータを取り扱う際は、著作権が保護できるような機器を利用する必要があります。

なお、パソコンのSDスロットにおいて、著作権を保護できない場合があります。その時は、著作権を保護できるリーダーライターなどを利用する必要があります。

SDカードでは、隠し領域を作って、その中で著作権に関する情報を管理します。
隠し領域であるため、通常のアプリケーションからはアクセスできません。このような方法で、コンテンツの著作権を保護しています。

例えば、パソコンで音楽データをコピーしたとします。
この時、SDカードの隠し領域に記録されている情報(鍵)までコピーできません。
そのため、コピーはできたとしても「再生はできない」ということになります。

CPRM技術

CPRMとは、元々DCDで使用されてきたセキュリティー技術を、SDカードで利用できるように拡張された技術のことです。
4C(IBM・インテル・東芝・松下電気産業)によって作られたライセンスのことを言います。

SD-Picture規格

SD-Picture規格とは、写真データに関するフォーマットを定めた規格です。
SD-Picture規格は、写真データを記録する時や再生する時に利用されるフォーマットです。
このSD-Pictureが使われる機器には、プリンタやデジタルカメラなどがあります。

SD-Picture規格では、SDカード内の専用フォルダに写真データを記録するようになっています。利用できる写真データの圧縮方式は、JPEG・Motion JPEGです。

また、著作権を保護する技術であるCPRMに対応しています。よって、不正なコピーを防ぐ機能を持っています。

コンピューター
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム