自宅を守るため、犯人を威嚇する防犯カメラを設置しましょう

何度もやって来る泥棒

泥棒泥棒は、偶然に通りかかった家をターゲットにする訳ではないようです。事前に家族構成や留守になる時間帯を、調べているそうです。
その家を調べる際は、訪問販売の業者を装ったりして、堂々とドアホンを鳴らしたりするそうです。ちょっと驚きです。こんな事を聞くと、小さい子供だけで留守番をさせている家庭は、特に注意が必要だと思いました。

また、泥棒や空き巣は自分のテリトリーを持っているようです。なので、同じエリア内に何度も出没する可能性があります。
もしも自宅の近所で空き巣被害があったら、防犯カメラやセンサーライトを設置して防犯対策をしておくほうが、安心できるでしょう。再びやって来るかもしれない泥棒から、家を守りましょう。

家の中に住人がいても、やって来る空き巣

現在では店舗だけでなく、一般家庭でも防犯カメラを取り付ける所が多くなっています。その理由で一番多い事は、空き巣対策だそうです。

ちなみに空き巣という犯罪ですが、家に誰もいない時だけ起きるとは言えないそうです。

家人がいる時にも、空き巣の被害に遭った人がいるそうです。

そのようなことより、家の中にいれば絶対に「空き巣が来ない」とは言えません。

ですが、空き巣狙いの泥棒は、

セキュリティーがしっかりしている家には、積極的に入って来ないでしょう。

苦労せず、楽して侵入できそうな家を選ぶと思います。

空き巣や泥棒に対する防犯対策では、防犯カメラだけでなく、玄関の鍵を必ず掛けておく事も大切です。訪問者が来ても、安易にドアを開けない事(ドアチェーンをつけたままにしておく事)が、大切です。

ちなみに家にやって来た人を見るカメラとして、カメラ付きのドアホンがあります。モニターで録画できて、防犯カメラのズームや複数の防犯カメラの切り替えまで出来る物もあります。

一般的なドアホンでは、玄関や門に取り付けてあるカメラの映像を見ることができます。なのでカメラ付きのドアホンを設置していれば、知っている人かどうか、わかります。
そして敷地内に付けた防犯カメラの映像も、ドアホンと同じモニターで見られる物もあります。

犯罪は自分の家には関係ない事、そのように思いがちですが、自分の家に合う防犯対策から始めてみましょう。

威嚇できる防犯カメラの設置

一般家庭に防犯カメラを取り付ける場合は、一目で防犯カメラだと「わかるような物にする」と良いでしょう。
なぜなら、空き巣が入った時の記録のためというよりは、空き巣に入られないように犯人を威嚇するためだからです。隠しカメラのような「わかりにくい物」では、犯人を威嚇できません

取り付ける場所ですが、もしも人目に付かないような場所に窓がある場合は、その辺りに取り付けるようにします。

ダミーカメラ

なお、一般家庭の防犯カメラにおいては、犯人を威嚇することが目的の場合、記録できないダミーカメラでも良いでしょう。

威嚇するだけなら、ダミーカメラでも「ある程度の効果」を期待できます。ダミーカメラの中には、乾電池を使っている物があり、これはまるで録画しているような電気がついたりするそうです。※乾電池の「プラス・マイナスの向き」に気をつけましょう。間違える人が多いそうです。

ダミーカメラなら値段も安いので、防犯対策として一般家庭に設置するのも良いでしょう。

自宅玄関からの侵入を威嚇

自宅の防犯を考えた場合、玄関の防犯はとても大事です。二重三重と防犯対策しておきましょう。
有効な対策として、防犯カメラを取り付ける事があります。カメラがあるだけで、玄関からの侵入を威嚇する効果を期待できます。まずは見かけだけでも対策したいなら、ダミーの防犯カメラでも良いです。

その他の対策では、玄関周りを明るくするという対策があります。泥棒の話によると、玄関周りが明るい家に侵入しにくいそうです。なので、ずっと外灯をつけておくと良いでしょう。

外灯がない家の場合、屋外型のセンサーライトを設置してみましょう。夜に人が近づいた時にパッと点灯するライトは、明かりを嫌っている不審者に対してビックリさせる効果を期待できます。
明るいという事は、それだけで「結構な防犯対策になる」ようです。ぜひ玄関を明るくしておきましょう。

眩しい光で犯人を威嚇

もっと強く犯人を威嚇したい場合は眩しい光が良い、と思います。パッと輝く閃光(フラッシュ)を浴びたら、誰でも驚くからです。なので

人が近づくと自動的に明かりがつくような「センサーライト付きの防犯カメラ」

を設置すると効果的です。
なお、設置場所は屋外になるので、防水タイプの物を選ぶようにしましょう。